千葉銀行
金融機関コード:0134

ページ内の移動用のリンクです

沿革

沿革

昭和18年(1943年) 3月 千葉合同銀行、小見川農商銀行及び第九十八銀行の3行が合併し、千葉銀行設立
(創立時の当行:資本金1,000万円、行員725人、店舗数70ヶ店、預金2億4,702万円、貸出金5,159万円)
昭和19年(1944年) 3月 千葉貯蓄銀行を合併
6月 野田商誘銀行の営業を継承
昭和38年(1963年) 9月 総預金1,000億円達成
昭和45年(1970年) 10月 東京証券取引所第二部に株式を上場(昭和46年8月第一部に指定替え)
昭和48年(1973年) 3月 本店を千葉市中央(現中央支店)から同市千葉港に新築・移転
昭和50年(1975年) 9月 総預金1兆円達成
昭和58年(1983年) 3月 総預金3兆円達成
昭和61年(1986年) 10月 全国初の女性支店長誕生
昭和62年(1987年) 4月 ニューヨーク支店開設
昭和63年(1988年) 9月 総預金5兆円達成
平成元年(1989年) 4月 香港支店開設
平成3年(1991年) 2月 ロンドン支店開設
平成7年(1995年) 11月 上海駐在員事務所開設
平成10年(1998年) 3月 中央証券(現ちばぎん証券)を当行グループ会社化
12月 証券投資信託窓口販売業務取扱い開始
平成13年(2001年) 4月 損害保険商品窓口販売業務取扱い開始
平成14年(2002年) 10月 生命保険商品窓口販売業務取扱い開始
平成16年(2004年) 10月 個人向け多機能相談型店舗「ちばぎんコンサルティング・プラザ」開設
平成17年(2005年) 2月 証券仲介業務取扱い開始
平成18年(2006年) 6月 信託業務及び相続関連業務に本体参入
12月 障がい者雇用特例子会社「ちばぎんハートフル(株)」設立
平成19年(2007年) 11月 株主優待制度導入
平成20年(2008年) 3月 「TSUBASA(翼)プロジェクト」発足
平成23年(2011年) 3月 シンガポール駐在員事務所開設
10月 ちばぎん証券を完全子会社化
平成24年(2012年) 10月 第四銀行、中国銀行と基幹系システム共同化に基本合意
平成26年(2014年) 2月 「室町ちばぎん三井ビルディング」竣工
3月 総預金10兆円達成
4月 全グループ会社の当行グループ持分を100%に引上
9月 バンコク駐在員事務所開設
平成28年(2016年) 3月 武蔵野銀行と包括提携(千葉・武蔵野アライアンス)

千葉銀行の歴史

30年史

50年史

70年史