千葉銀行
金融機関コード:0134

ページ内の移動用のリンクです

業績ハイライト

損益の状況<1>
(コア業務純益・業務純益(一般貸倒引当金繰入前))[単体]

損益の状況<2>
(経常利益・当期純利益)[単体]

効率性の状況
(OHR)[単体]

数値表
  2012/3期 2013/3期 2014/3期 2015/3期 2016/3期 2017/3期 2018/3期
(計画)
損益の状況<1>[単体] (単位:億円)
コア業務純益 710 667 656 670 657 621 618
業務純益
(一般貸倒引当金繰入前)
720 706 665 691 679 609 640
損益の状況<2>[単体]
経常利益
(単位:億円)
617 664 703 741 796 700 705
当期純利益
(単位:億円)
360 412 432 458 525 486 495
効率性の状況(OHR)[単体]
(単位:%)
53.48 55.14 55.93 55.36 55.06 57.59 -

用語解説

  • コア業務純益
    業務純益(一般貸倒引当金繰入前)から債券関係損益を控除したもので、銀行の基礎的な利益を示す指標
  • 業務純益(一般貸貸倒引当金繰入前)
    預金・貸出金など銀行の基本的な業務の成果を示す銀行固有の利益指標。預金・貸出金などの収支を示す「資金利益」、各種手数料収支を示す「役務取引等利益」、市場業務取引等損益を示す「特定取引利益」、債券や外国為替の売買損益を示す「その他業務利益」の4つを合計した「業務粗利益」から、臨時経費を除く「経費」を控除したもの。
  • OHR(オーバー・ヘッド・レシオ)
    「経費」を一般の事業会社では売上総利益に相当する「業務粗利益※」で除したもので、数値が低いほど高い効率性・生産性を有することを示している。
  • 債券関係損益等を控除したベース