ブックタイトル2017_01

ページ
30/56

このページは 2017_01 の電子ブックに掲載されている30ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

2017_01

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

2017_01

ちばぎんグループのESGへの取組みちばぎんグループでは、ESG(環境・社会・ガバナンス)課題へ積極的に取り組み、持続可能な地域社会の実現に貢献してまいります。Environment~環境~環境に配慮した店舗設備CO2削減を目指し、新設・移転する店舗では、太陽光発電システムや屋上緑化設備などを導入しており、2017年6月末現在、12店舗に太陽光発電システム、3店舗に屋上緑化設備を設置しています。また、営業車に燃料電池自動車やハイブリッドカーを導入し、地球温暖化対策を進めています。森林整備活動山武市蓮沼にて、「ちばぎんの森(第4)」森林整備活動を実施しています。この活動は松くい虫や津波の被害により、失われつつある海岸保安林の再生を目的としたもので、これまでの「ちばぎんの森(第1~3)」同様、当行役職員やOB・OGのボランティアにより、定期的に草刈り等の育樹活動を行っています。Social~社会~金融教育への取組み小中高生や教職員、自治体、異業種企業向けに職場体験の受け入れや出張授業を実施している他、毎年、千葉興業銀行と全国高校生金融経済クイズ選手権「エコノミクス甲子園」千葉大会を共催するなど、あらゆる世代にお金の大切さ、金融の仕組みや消費者としての正しい知識を学んでもらうため、金融教育に取り組んでいます。また、創立70周年を記念して開設した「ちばぎん金融資料室」では、当行と千葉県の金融の歴史がわかる史料展示のほか、お金にまつわる豆知識を楽しみながら学べる体験型展示も行っています。福祉への取組み地域の社会福祉活動を支援し、活力のある温かい地域社会を実現するため、千葉県内の社会福祉事業を資金面で助成する「ちばぎんハートフル福祉基金」を設定しています。2016年9月には、11団体に8百万円の助成金を交付しました。また、障がい者雇用の一層の促進を図るために設立した「ちばぎんハートフル株式会社」は、2017年4月には業務開始10周年を迎え、現在28名の障がいのある方を雇用し、自立を支援しています。29