ブックタイトル2017_01

ページ
35/56

このページは 2017_01 の電子ブックに掲載されている35ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

2017_01

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

2017_01

人材育成の強化プロフェッショナル人材の育成高い専門性に加え、広範なビジネススキルを有するプロフェッショナル人材を育成していくため、職員の業務スキルをデータベース化し、一人ひとりのスキルに応じた実践的な研修を実施しています。加えて、職員の自律的な学習を支援していくため、中堅職員のノウハウを若手職員へ継承する取組みであるブロック勉強会「ちばぎん塾」の開催や、インターネット自宅学習ツールの提供、休日セミナーの開催についても取り組んでいます。また、専門部署への配置や外部企業、外部セミナーへの派遣等を実施し、高い専門性を持つ人材を育成しています。若手職員の早期戦力化集合研修やOJT※など人材教育の充実により、若手職員の早期戦力化に努めるなど、将来の当行を担う人材の育成に注力しています。特に新入社員には、業務に関する研修のほか、「農業体験」や「工場見学」など、多彩な経験をつうじて、協働意識や規律意識を高めています。また、若手職員の専門性の早期修得を目的とした育成ガイドラインの明示や習得スキルの「見える化」により、若手職員に一歩一歩成長していることを実感させることで、成長に向けたモチベーションを高める工夫なども行っております。管理職層のマネジメント能力強化管理職のマネジメント能力を強化し、若手職員等の育成や、組織パフォーマンスの最大化を図るため、管理職の各層を対象にマネジメントに関する研修を実施しています。支店長に対しては、マネジメント研修のほか、経験豊富な支店長の経験やノウハウを伝授する研修、経営者的思考力の強化をテーマとした研修などを実施し、プログラムの充実を図っています。多能な人材の育成職員をトレーニーや視察研修などで積極的に海外に派遣するなど、グローバル化に対応できる人材を育成しているほか、インターンシップとして留学生の受け入れや留学生と相互交流を図る国際交流プログラムを実施しています。また、新たな発想を生み出す企業風土をつくるため、業種の枠を越えた考え方や業務ノウハウを吸収させる取組みとして、高い専門性を有する外部人材の採用や異業種企業との人材交流などを行っています。※OJT:On the Job Trainingの略。職場での仕事経験をつうじて業務を習得すること。留学生との国際交流プログラム(水郷佐原山車会館)中高年職員の活躍支援農業体験研修中高年職員がいきいきと働くことのできるよう、セカンドキャリア研修やカウンセリングなどを実施し、職員の人生設計を継続的にサポートしています。また、ベテラン職員のスキル・ノウハウを活用するため、さまざまな職務開発にも取り組んでいます。34