ブックタイトル2017_01

ページ
38/56

このページは 2017_01 の電子ブックに掲載されている38ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

2017_01

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

2017_01

リスク管理体制当行ではリスクを正確に把握・分析し、管理・運営していくことが極めて重要であると認識し、リスク管理体制の強化・充実に取り組んでいます。統合的なリスク管理体制検討・実施していく統合的なリス銀行業務には、信用リスク、ク管理体制を構築しています。市場リスク、オペレーショナル・また、実効性のあるリスク管理リスクなどさまざまなリスクが存体制を実現するため、リスク管理在します。が適切に行われているかを「監査当行では、収益性を向上させ、部」が定期的に監査し、取締役会かつ経営の健全性を維持していに報告しています。くためには、個々のリスクを別々に管理するだけでなく、これらの統合リスク管理リスクを一元的に把握し、銀行全当行では、さまざまなリスクを体として許容できる範囲内にコン可能な限り統一的な尺度で統合トロールしていくことが必要であ的に管理していくことを基本としると考えています。ています。統合リスクとは、リスそのため、リスク毎にグルークの計量化による管理が可能なプ全体のリスクを管理する部署を信用リスク、市場リスク及びオペ定めていることに加え、「リスクレーショナル・リスクを合算した管理部」がこれらのリスクを一元ものです。的に把握し、「ALM委員会」、「信統合的リスク管理部署である用リスク管理委員会」及び「オペ「リスク管理部リスク統括グルーレーショナル・リスク管理委員会」プ」は、計量化した統合リスクとの場できめ細かい管理や検討を自己資本との比較を行うことで、行うとともに、リスクの状況につリスクに対する自己資本の充実いて取締役会に報告し対応策を度を検証し、その結果を四半期毎に取締役会に報告しているほか、ストレス・テストを実施しています。ストレス・テストとは、景気後退期に企業環境が悪化したり土地価格が下落したりなど、一定のストレス・シナリオを想定し、当該シナリオに基づくリスク量の増加を予想したうえで、ストレス時の自己資本の充実状況を検証することです。また、統合リスク管理の具体的な枠組みとして、「リスク資本配賦制度」を導入しています。「リスク資本配賦制度」とは、経営体力である自己資本の範囲内で国内営業部門・市場部門といった部門別にリスク資本(許容リスク量)をあらかじめ配賦し、健全性の確保を図ったうえで、各部門が収益性の向上や効率的な資本の活用などリスク・リターンを意識した業務運営を行う仕組みのことです。リスク管理体制図監査役会取締役会[リスク管理部門]ALM委員会信用リスク管理委員会オペレーショナル・リスク管理委員会統合的管理リスク管理部各種リスク統合リスク市場リスク流動性リスク信用リスクオペレーショナル・リスク●事務企画部●システム部●人材育成部●経営管理部一次牽制[リスク執行部門]営業店・本部・グループ会社等二次牽制[監査部門]監査部37