ブックタイトル2017_01

ページ
41/56

このページは 2017_01 の電子ブックに掲載されている41ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

2017_01

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

2017_01

取引執行部署(フロントオフィス:「市場営業部」、海外店)と業務管理部署(バックオフィス:「市場業務部」)を分離し、さらにリスク管理部署(ミドルオフィス:「リスク管理部市場リスクグループ」)を設置することで、相互に牽制する体制をとっています。流動性リスク管理体制流動性リスクは、資金繰りリスクと市場流動性リスクからなります。資金繰りリスクとは、金融機関の財務内容の悪化などにより必要な資金が確保できなくなり、資金繰りがつかなくなる場合や、資金の確保に通常よりも著しく高い金利での資金調達を余儀なくされることにより損失を被るリスクです。また、市場流動性リスクとは、市場の混乱などにより市場において取引ができなかったり、通常よりも著しく不利な価格での取引を余儀なくされることにより損失を被るリスクです。当行では、「市場営業部」が資金繰り管理部署として、マーケット環境の把握、資金の運用調達状況の分析などを行っており、資金繰りリスクに対しては、市場調達額が過大とならないように一定の限度額を設定しているほか、短期間で資金化できる資産を流動性準備として一定水準以上保有するよう定めることなどで、日々適切な資金繰り管理を実施しています。また、市場流動性リスクに対しては、各市場取引におけるポジション限度枠の設定ににより信用が低下することから損より対応しています。失が発生するリスクをいいます。「リスク管理部市場リスクグリスク管理体制については、各ループ」は、リスク管理部署としリスク所管部署(事務リスク:「事て、流動性リスクに与えるさまざ務企画部」、システムリスク:「シまな要因を特定・評価するとともステム部」、人的リスク:「人材育に、各種限度枠などの遵守状況成部」、有形資産リスク:「経営管についてモニタリングし、流動性理部」)を定めるとともに、「リスリスクの増大を招かないよう努めク管理部リスク統括グループ」をています。リスク統括部署とし、同グループまた、市場リスクと同様に、流統括管理のもと、連携してリスク動性リスクについても、「A L M委管理を行っています。なお、風員会」の場で対応策を協議・決定評リスクについては、「リスク管しています。理部リスク統括グループ」が直接なお、当行の資金繰りに影響管理し、また、各リスクに含まれを及ぼすような不測の事態が発る法務リスク及びコンプライアン生した場合も全行的に速やかにスに係るリスクについては、各リ対処できるよう、業務継続計画スク所管部署と「コンプライアンを制定し、万全を期しています。ス部」が連携して管理します。また、「オペレーショナル・リオペレーショナル・スク管理委員会」を設置し、経リスク管理体制営の直接関与のもと、オペレーオペレーショナル・リスクとは、ショナル・リスク損失事象などに業務の過程、役職員の活動もしく関する報告を受け管理方針を策はシステムが不適切であること、定し(Plan)、管理規程類に則っまたは外生的事象により損失が発た実施(Do)、また評価・改善生し得るリスクのことをいいます。(Check&Action)していくとい当行では、オペレーショナル・う、「PDCAサイクル」により、問リスクを、事務リスク(次頁)、シ題点の改善・是正を行う管理体ステムリスク(次頁)、人的リスク、制を構築しています。この一連の有形資産リスク、風評リスクに分「PDCAサイクル」による管理の類しています。人的リスクとは、実効性確保のため、当行では、職場の安全環境や差別行為などリスクの内容を特定・評価・把握・に起因して損失が発生するリスク管理し、かつ削減するための方をいい、有形資産リスクとは、建策を策定して実施するというCSA物・設備の毀損などにより損失が(Control Self Assessment)発生するリスクをいいます。また、を導入しています。CSAによる風評リスクとは、評判の悪化など管理とは、当行で生じたオペレー40