ブックタイトル2017_02

ページ
104/130

このページは 2017_02 の電子ブックに掲載されている104ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

2017_02

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

2017_02

バーゼルⅢ第3の柱に基づく開示事項自己資本の充実の状況等Ⅳ.定量的な開示事項(単体)(2)単体総所要自己資本額(単位:百万円)平成28年3月末平成29年3月末リスク・アセットの額((B)+(C)+(E)+(G)+(H)+(I))(A)5,927,8926,292,968信用リスク・アセットの額(B)5,243,9105,650,418資産(オン・バランス)項目5,000,4075,361,685オフ・バランス取引等項目214,954232,808CVAリスク相当額を8%で除して得た額28,38155,614中央清算機関関連エクスポージャーに係る額166309マーケット・リスク相当額に係る額((D)/ 8%)(C)61,39267,617(参考)マーケット・リスク相当額(D)4,9115,409オペレーショナル・リスク相当額に係る額((F)/ 8%)(E)275,244274,787(参考)オペレーショナル・リスク相当額(F)22,01921,982信用リスク・アセット調整額(G)342,588296,273オペレーショナル・リスク相当額調整額(H)??調整項目に係る経過措置により算入されるものの額(I)4,7563,871単体総所要自己資本額=(A)×8%474,231503,4372.信用リスクに関する事項(信用リスク・アセットのみなし計算が適用されるエクスポージャー及び証券化エクスポージャーを除きます。)(1)信用リスクに関するエクスポージャーA.期末残高及びエクスポージャーの主な種類別の内訳平成28年3月末(単位:百万円、%)構成比標準的手法が適用されるエクスポージャー???27,21127,2110.19内部格付手法が適用されるエクスポージャー10,085,9422,023,10850,2052,219,71314,378,96999.81合計10,085,9422,023,10850,2052,246,92414,406,181100.00平成29年3月末(単位:百万円、%)構成比標準的手法が適用されるエクスポージャー???18,78218,7820.12内部格付手法が適用されるエクスポージャー10,566,2991,885,07336,3522,758,54515,246,27199.88合計10,566,2991,885,07336,3522,777,32815,265,054100.00※1.「エクスポージャー」とは、次のとおりであります。なお、エクスポージャーには、調整項目の額に算入される部分及び調整項目に係る経過措置により信用リスク・アセットの算出対象となる部分は含まれておりません。標準的手法が適用されるエクスポージャー内部格付手法が適用されるエクスポージャーオン・バランス資産残高(部分直接償却後)+未収利息+仮払金資産残高(部分直接償却前)+未収利息+仮払金オフ・バランス簿価×CCF(与信換算掛目)+未収利息+仮払金または、カレント・エクスポージャー※2.「貸出金等」とは、貸出金及びオフ・バランスのエクスポージャーのうちコミットメントと保証取引(支払承諾)であります。102