ブックタイトル2017_02

ページ
119/130

このページは 2017_02 の電子ブックに掲載されている119ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

2017_02

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

2017_02

8.銀行勘定における金利リスクに関する事項銀行勘定における金利リスクに関して内部管理上使用した金利ショックに対する損益または経済的価値の増減額(単位:百万円)平成28年3月末平成29年3月末金利ショックに対する経済的価値の減少額〈VaRベース:信頼水準99.9%、保有期間1年、観測期間1年〉59,94955,594円貨48,78348,788外貨17,5149,815※円貨と外貨の合算にあたっては、相関を考慮しております。〈参考〉アウトライヤー基準による銀行勘定における金利リスクの管理平成28年3月末(単位:百万円、%)平成29年3月末金利ショックに対する経済的価値の減少額〈保有期間1年、最低5年の観測期間で計測される金利変動の20,30218,3241パーセンタイル値と99パーセンタイル値による金利ショック〉円貨11,61313,021外貨8,6895,302総自己資本の額786,149820,340アウトライヤー判定比率2.582.23117