壁は越えるためにあるって本当だ。

挑戦する人の前には壁がある
年齢という壁、常識という壁、限界という壁
だけど彼らはあきらめない
「壁は越えるためにある」ことを教えてくれる
そんなNEVER GIVE UP!
挑戦者がぞくぞく登場する
2年目のWITH YOUR CHALLENGEです

About Airi Suzuki

ちばぎんイメージキャラクター
& イメージソング「start again」アーティスト
鈴木 愛理

千葉県育ち

鈴木 愛理

ハロー!プロジェクト内のユニット、「あぁ!」のメンバーとしてCDデビュー。
2005年、アイドルグループ「℃-ute(キュート)」として活動開始し、
2015年からは女性ファッション雑誌『Ray』の専属モデルとしても活動。
2017年、「℃-ute」を解散し、2018年にソロヴォーカリストとしてデビュー。
歌手・女優・モデルとして幅広く活躍している。

  • 4月12日生まれ
  • 血液型:B型
  • 身長:161cm
  • 趣味:絵を描くこと(水彩画・油絵・イラスト)
  • 好きな食べ物:抹茶、牛乳、豆乳、もつ鍋、お母さんの手料理(特にしょうが焼き)
  • 好きなスポーツ:観戦のみですが、ソフトボール・ゴルフ・フィギュアスケート
  • 抱負:私の歌で誰かに勇気や元気や感動をあたえられるような歌手になること
  • これだけは誰にも負けないこと:歌を好きな気持ち

POSTER

ポスターをクリックすると拡大版がご覧いただけます。

TVCM

  • 『みんな挑戦者篇』15秒

  • 『みんな挑戦者篇』30秒

  • 『みんな挑戦者篇』60秒

  • メイキングムービー

RADIO CM

  • 『壁』篇 60秒

    愛理さん:
    挑戦する人の前には壁がある。
    年齢という壁、
    常識という壁、限界という壁。

    でも、その壁は、越えるためにある。
    そう教えてくれるチャレンジャーたちが私たちの周りには、たくさんいます。

    70歳になっても
    パン作りに情熱を燃やす
    経営者がいます。

    若くして会社を継ぎ、
    「つらい時こそ笑う」を
    ポリシーにしている社長がいます。

    障がいをものともせず、
    世界の頂点をめざす
    アスリートがいます。

    一度はあきらめた芸の道に
    再び挑戦している
    女性がいます。

    そして、あなたも、
    きっと何かに挑戦しているチャレンジャー。

    応援したい。挑戦するすべての人を。
    WITH YOUR CHALLENGE.

    ちばぎん

  • 『壁』篇 20秒

    愛理さん:
    挑戦する人の前には壁がある。
    年齢という壁、
    常識という壁、限界という壁。

    でも、その壁は、
    越えるためにある。

    応援したい。挑戦するすべての人を。
    WITH YOUR CHALLENGE.

    ちばぎん

  • 『20秒チャレンジ・千葉』篇 20秒

    愛理さん:
    鈴木愛理の20秒チャレンジ!
    千葉県の名産篇!

    落花生
    菜の花
    醤油
    それから
    梨と
    びわと、カブと、ほうれん草と、枝豆と…

    あ〜、もういっぱいあって
    言い切れない!

    応援したい。挑戦するすべての人を。
    WITH YOUR CHALLENGE.

    ちばぎん

Challenger's interview

ゴールに向かう、限界に挑む、世界をめざす。すばらしいチャレンジが、私たちの周りにありました。

  • #001 Kazuhiko Yokote
  • #002 Kyoko Ohtani
  • #003 Kazuhiko Kanno
  • #004 Coming soon

壁にぶつかるのはラッキー。成長するチャンスが来たってことだから。

ウィルチェアラグビー プレーヤー 官野 一彦 - Kazuhiko Kanno

#003 Kazuhiko Kanno

Wheelchair Rugby Player

官野 一彦

Challenger's profile

官野 一彦
官野 一彦

1981年、千葉県生まれ。22歳のとき、サーフィン中の事故で重度障がいを負った。障がい者スポーツと思えない激しさと緻密な頭脳プレーにひかれてウィルチェアラグビーを始め、世界大会で四位入賞、銅メダル獲得に貢献するなど、中心選手として活躍。現在は、世界一という目標に向かって、単身で渡米し、アメリカでプレーしている。

障がいを負った。けれど、チャレンジはできる。

interview thumbnail 01

サーフィン中の事故で、重度の障がいを負いました。死にたくなるくらい落ち込みましたが、プロを目指していたサーフィンでの事故だったから、仕方ない。これからの人生をどう生きるかを考え、気持ちを切り替えました。楽しく生きたいし、やりがいを持って生きたい。どう社会に貢献していくかって考えたときに、足跡を残す、チャレンジしていかないと自分自身が変わらないと思った。そんな時にウィルチェアラグビーと出会いました。ウィルチェアラグビーは、障がい者スポーツと思えないほど激しくぶつかり合う派手さの反面、車いすをミリ単位で動かす細かい駆け引きがあるスポーツ。コートの中に入ったら誰も僕のことは助けてくれないから自分の力を存分に出せるし、そこでは障がいは関係なくて、一人のアスリートとしてプレーできるところに魅力を感じました。そして、この競技なら世界の舞台を目指すっていう具体的な目標ができて、一つの生きる道、自分がまた一歩踏み出してチャレンジできるものが見つかったと思いましたね。

いつだって、最大のチャレンジをしていたいと思う。

interview thumbnail 02

今までで一番の挑戦と言えば、世界大会でメダルを獲るために努力したこと。その前の大会でこれ以上頑張れないってくらい頑張ったつもりだったけど、目の前で表彰台を逃して悔しい思いをしました。前よりもっと高い位置を目指すとなれば、自分の何かを変えなきゃいけない。同じことをしてても勝てないという思いから、メダルを獲るために、食事から睡眠、練習意識まで生活のすべてを見直し、変えた。すごくキツかったけれど、そんな時は「もし、この壁を超えたら」って想像するんです。壁や困難にあたったときに、これを超えたらまた自分が強くなれるのかなって思うと、ワクワクしてくるんですよね。努力して、結果、世界の3位になって銅メダルが獲れた瞬間は最高にうれしかったです。でも、今はまた新しいチャレンジをして、東京で世界の頂点に立つって目標を決めたんです。いまは、それが最大のチャレンジ。毎日毎日がチャレンジだし、昨日の自分より一歩、カッコ良くなりたい、止まりたくない、という気持ちでいます。

できるかできないか、じゃなくて、やるかやらないか。

interview thumbnail 03

いまは世界の頂点に立つという目標を達成するために、アメリカでプレーをしています。きっとこれを乗り越えれば、また自分はもっと上手くなれるかもしれない、と思ってワクワクしながらチャレンジをしています。壁とか困難って、やっぱりキツい。でも、それを越えた先に強くなってる自分が必ずいる。渡米するときも、その身体じゃ海外では難しい、無理だ、って言う人もいたけれど、実際には今アメリカでプレーしている。できるかできないか、じゃなくて、やるかやらないか、なんです。障がいを理由にしたり、自分の現状、仕事を理由にしてやれない、と言いたくなるときもあるけれど、本当にやったの?って自分に問いかけるんです。僕自身は能力に限界なんてないと思っているし、障がいがあろうがなかろうが、関係ないと思っている。だから、東京で頂点に立つという目標も、できるかできないか、じゃなくて、やる。この壁を越えた自分を想像して、やるんです。

どんな困難も力に変えていく官野さんの挑戦、パワフルですね!
世界一への挑戦、見届けたいです!

>2017年度版の「Challenger's interview」はこちらから

Top