壁は越えるためにあるって本当だ。

挑戦する人の前には壁がある
年齢という壁、常識という壁、限界という壁
だけど彼らはあきらめない
「壁は越えるためにある」ことを教えてくれる
そんなNEVER GIVE UP!
挑戦者がぞくぞく登場する
2年目のWITH YOUR CHALLENGEです

About Airi Suzuki

ちばぎんイメージキャラクター
& イメージソング「start again」アーティスト
鈴木 愛理

千葉県育ち

鈴木 愛理

ハロー!プロジェクト内のユニット、「あぁ!」のメンバーとしてCDデビュー。
2005年、アイドルグループ「℃-ute(キュート)」として活動開始し、
2015年からは女性ファッション雑誌『Ray』の専属モデルとしても活動。
2017年、「℃-ute」を解散し、2018年にソロヴォーカリストとしてデビュー。
歌手・女優・モデルとして幅広く活躍している。

  • 4月12日生まれ
  • 血液型:B型
  • 身長:161cm
  • 趣味:絵を描くこと(水彩画・油絵・イラスト)
  • 好きな食べ物:抹茶、牛乳、豆乳、もつ鍋、お母さんの手料理(特にしょうが焼き)
  • 好きなスポーツ:観戦のみですが、ソフトボール・ゴルフ・フィギュアスケート
  • 抱負:私の歌で誰かに勇気や元気や感動をあたえられるような歌手になること
  • これだけは誰にも負けないこと:歌を好きな気持ち

POSTER

ポスターをクリックすると拡大版がご覧いただけます。

TVCM

  • 『みんな挑戦者篇』15秒

  • 『みんな挑戦者篇』30秒

  • 『みんな挑戦者篇』60秒

  • メイキングムービー

RADIO CM

  • 『壁』篇 60秒

    愛理さん:
    挑戦する人の前には壁がある。
    年齢という壁、
    常識という壁、限界という壁。

    でも、その壁は、越えるためにある。
    そう教えてくれるチャレンジャーたちが私たちの周りには、たくさんいます。

    70歳になっても
    パン作りに情熱を燃やす
    経営者がいます。

    若くして会社を継ぎ、
    「つらい時こそ笑う」を
    ポリシーにしている社長がいます。

    障がいをものともせず、
    世界の頂点をめざす
    アスリートがいます。

    一度はあきらめた芸の道に
    再び挑戦している
    女性がいます。

    そして、あなたも、
    きっと何かに挑戦しているチャレンジャー。

    応援したい。挑戦するすべての人を。
    WITH YOUR CHALLENGE.

    ちばぎん

  • 『壁』篇 20秒

    愛理さん:
    挑戦する人の前には壁がある。
    年齢という壁、
    常識という壁、限界という壁。

    でも、その壁は、
    越えるためにある。

    応援したい。挑戦するすべての人を。
    WITH YOUR CHALLENGE.

    ちばぎん

  • 『20秒チャレンジ・千葉』篇 20秒

    愛理さん:
    鈴木愛理の20秒チャレンジ!
    千葉県の名産篇!

    落花生
    菜の花
    醤油
    それから
    梨と
    びわと、カブと、ほうれん草と、枝豆と…

    あ〜、もういっぱいあって
    言い切れない!

    応援したい。挑戦するすべての人を。
    WITH YOUR CHALLENGE.

    ちばぎん

Challenger's interview

ゴールに向かう、限界に挑む、世界をめざす。すばらしいチャレンジが、私たちの周りにありました。

  • #001 Kazuhiko Yokote
  • #002 Kyoko Ohtani
  • #003 Kazuhiko Kanno
  • #004 Wakaba

花柳界の伝統を守る。まだ24歳の私だから、できることがある。

芸者 若葉 - Wakaba

#004 Wakaba

Geisha

若葉

Challenger's profile

若葉
若葉

24歳。小学生の時にたまたま京都で見かけた舞妓さんに憧れ、高校卒業と同時に芸者の世界へ。全盛期には200人いたとされ今は10人を数えるほどになってしまった木更津の花柳界で、日本の伝統文化の若き後継者として期待を集める。木更津市観光協会のスタッフとしても勤務。

芸者は小学生の時からの夢。一度は断念するも再チャレンジ。

interview thumbnail 01

芸者になろうと決めたのは、小学生の時です。家族旅行で京都に行った時、祇園の街を歩いていたら、たまたま舞妓さんを見かけて。その髪型、着物や所作の美しさに、すっかり魅了されてしまったんです。元々和の芸事には興味があったんですが、それまでの将来の夢は、確か看護師さんだったと思います。舞妓さんとの出会いが、私の運命を変えてしまいました。それからというもの、芸者になることしか考えられなくなってしまって。高校を卒業すると同時に、何の迷いもなく芸者の世界に飛び込みました。でも一年くらいたった時、体調を崩してしまって、やむなく芸者の道をあきらめることになったんです。それから一年半くらいは違う仕事をしていました。でも、私がやりたいのはやっぱり芸者なんだと思ってしまって。結局また芸者の世界に戻って来ました。それがここ、木更津の花街なんです。

まだまだ未熟な3年目。一日も早く一人前に芸者に。

interview thumbnail 02

この世界に入って3年になりますが、まだまだ一人前の芸者とは言えません。親元を離れて暮らしているのでホームシックにもなります。でも、そんな私を街の色々な方々が応援してくださるんです。市長さん、商工会議所の方々や、料理屋の旦那さんとか。街を歩いている時に「がんばってね!」と声をかけてくださったり、私に場数を踏ませようと大きいお座敷に呼んでくださることもあります。本当に私は色々な方々に支えられているんです。一日も早く一人前の芸者にならなくてはと自然と稽古にも熱が入ります。昼間は観光協会で働いて、夜はお座敷がない日は稽古です。家に帰ってからの稽古も欠かせません。一つの踊りを覚えたら、次の踊りを覚えて。踊りしかできないのでは木更津では芸者と認められないので、三味線や唄も覚えなくてはなりません。忙しいなんて言っていられません。みなさんの応援に応えたいんです。

芸者の魅力を発信していきたい。あの時の舞妓さんのように。

interview thumbnail 03

芸者の世界のことを花柳界というのですが、ここ木更津の花柳界には、江戸時代から続く長い歴史があります。全盛期には200人の芸者がいたといいます。それが今では10人ほど。20代の芸者にいたっては私しかいません。正直、さみしいですね。芸について語り合う仲間がほしいと思うこともあります。花柳界は木更津だけでなく日本の伝統芸能です。歌舞伎や能などと同じなんです。この美しい文化を、未来に受け継いでいく必要があると思います。そのためにもっと多くの人に芸者に興味を持ってもらいたいですね。もちろんまだまだ未熟な私ですが、私の使命は芸者の魅力をとくに若い世代に向けて発信することだと思ってます。小学生だった私に、この世界に入るきっかけを与えてくれたあの舞妓さんのように。それが私のチャレンジです。

芸者になるという夢をあきらめなかった若葉さん。
ぜひ伝統芸能を、
未来に受け継いでいってほしいですね!

>2017年度版の「Challenger's interview」はこちらから

Top