千葉銀行
金融機関コード:0134

ページ内の移動用のリンクです

ドキュメンタリー

※ 印は新規購入フィルムです。受入順登録の為順序不同です。

JV-1 夜回り先生・水谷修のメッセージ いいもんだよ、生きるって――NHK・約90分・2005

水谷修氏(元高校教師)はシンナーや覚醒剤などの薬物汚染から若者達を救う活動を続け、年間300本以上も講演を行い薬物の恐ろしさを訴えています。講演後も、繁華街での深夜パトロールを行い、若者の更正に力を入れる彼はいつしか「夜回り先生」と呼ばれるようになりました。水谷氏の生き様を、「魂のメッセージ」である講演会の映像を中心に、ジャーナリスト江川紹子さんのインタビューを織り交ぜながら追ったドキュメンタリー作品です。(2004年9月ETV特集にて放送)(DVD)

JV-2 夜回り先生・水谷修のメッセージ2 生きていてくれてありがとう――NHK・約90分・2006

長年、シンナーや覚醒剤などの薬物汚染や暴走族から子供達を救う活動を続けてきた、水谷修氏(元高校教師)は新たな課題と向き合い始めました。一人で悩みを抱え、リストカットなどをすることでかろうじて自分が生きていることを確認している「夜眠れない子どもたち」を救うことです。なぜ子供達は心に苦しみを抱えるのか、水谷氏の講演会と日々の取り組みを見つめながら、大人は子供達とどう向き合えばよいかを問いかけます。(2005年11月ETV特集にて放送)(DVD)

JV-3 転入生(小学校道徳高学年向き)「指導の手引き付き」――東京書籍・約25分・2007(小)

アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルス近郊の町トーレンス。この町に親の転勤でやってきた友子は、ペニンシュラ・ヘリッテッジスクール5年生のクラスに編入します。11歳の少女の目を通して見たアメリカやアメリカ人の生活。それは、驚きや当惑、感心の連続でした。カメラは、彼女のアメリカでの学校生活を中心に、アメリカ人の子ども達の様子を、登校風景、授業の様子、アメリカ人の家庭生活、アメリカ人の休日(余暇の過ごし方)等を交えながら、克明に追っていきます。(DVD)

JV-4 僕は生きる(小学校道徳高学年向き)「指導の手引き付き」――東京書籍・約16分・2007(小)

高広さんは小さい頃、現代の難病と言われている進行性筋ジストロフィー症にかかります。養護学校で生活する高広さんは、中学生の頃から力の入らない不自由な手で詩を書くようになります。その詩には病室の窓から見た自然、両親への想い、同じ病室で亡くなった友への切ない祈り、病気の自分への焦りなどが率直に鋭い感性で描かれ、生への強い願望や生命の尊さが感じ取れます。難病にくじけることなくひたむきに生きる高弘さんの姿と何篇かの詩で構成された本作品は視聴者の心を打ち感動を与えます。出典:石川高広詩集「青空」(DVD)