千葉銀行/中途採用ホームページ

  • 中途採用トップ
  • キャリア採用情報
  • マネープランナー採用情報
  • リ・キャリアプラン情報
  • よくある質問

キャリア採用者紹介―私の「本気」と「キャリアプラン」

(他県)から千葉銀へ

目指すキャリアは、プランニング力と人間力の向上

前職の地銀では、地元での法人営業に加え、東京支店勤務・メガバンク出向をそれぞれ数年経験しました。その経験を通じ、首都圏という市場のスケール、さらにはメガバンクと地銀の組織や営業形態の違いなどを知りました。同時に、将来における自分のスキルアップや存在意義について深く考えるようなり、次第に『首都圏の地銀でキャリアを磨きたい』と思うようになったのです。転職にあたって重視したのは『自己投資』という意識です。また、目指すキャリアは、金融リテール化の潮流のなかで、中小企業を育成する資金・ノウハウの提供、個人へのマネープラン提供など、『プランニング能力と人間力の向上』にありました。もともと出身は他県、大学は都内で、千葉県にはあまり縁がありませんでしたが、首都圏に本拠を置く各地銀の企業カラーや市場開拓意識などを冷静に分析した結果、千葉銀なら、自分も企業も双方が成長できる可能性があると強く感じ、それを最優先して新天地を決めました。


内外2つのレベルの高さが、自己研鑽への刺激になる。

入行後、最初に感じたのは、非常に風通しが良い社風であり、行員の距離も近いため、中途のビハインドを感じないということです。これは、『人へ投資する』という千葉銀のポリシーから生まれる環境だと思います。現在、地区担当として営業活動を行っていますが、2つのレベルの高さを実感しています。ひとつは個々行員の能力(=内的レベル)の高さ、もうひとつは金融に対するお客さまの知識(=外的レベル)の高さです。資産家の方が多く、メガバンクスとの競合も厳しいというエリア特性によるものですが、このレベルの高さが、自分の知識・能力アップへの大きな刺激になっています。


個人力とフットワークこそが、千葉銀の勝負どころ。

資本・組織などの総合力や知名度(カンバン)は、どうしてもメガバンクスが優位です。千葉銀の勝負どころは個人力とフットワーク――いわゆるカンバンではなく、個人の信頼力で営業し、ニーズに応じ、いかに早く金融シナリオを描き、素早い対応をするか――まさに、個人の専門性と人間力が問われる営業です。たとえば融資案件では経済情勢やお客さま企業の経営分析に関する知識、ライフプラン案件では金融商品の知識を徹底して磨くことが要求され、同時に、お客さまのご要望をじっくり聞き、親身のコンサルティングを提供することが不可欠です。プレッシャーはありますが、自分が望んでいた自己実現へ向け、確実に自己投資をしている実感を抱きつつ、仕事の課題や知識アップへ挑んでいます。