2018年度 新卒採用サイト
ENTRYMY PAGE

研修・トレーニー制度

銀行業務が多様化する中で、地域における圧倒的な競争力を確立していくため、「若手職員の早期戦力化」に力点を置いた人材育成を行っています。
実務的な業務スキルの習得を図りながら、職員一人ひとりが自らのキャリア開発とそれに向けた能力開発への意識を高めることができるよう、様々な研修や取組みを行っています。

トレーニー制度

日頃より能力向上のために自己啓発に励むなどやる気がある人、前向きな人に対し、より高度で専門的なスキルの習得を図るための行内外での研修機会として、「トレーニーチャレンジ制度(原則公募制)」を設けています。

行外トレーニー

  • ■ 証券会社トレーニー
  • ■ 業界調査トレーニー
  • ■ 海外トレーニー
  • ■ 異業種トレーニー
  • ■ その他

行内トレーニー

  • ■ マーケットトレーニー
    (ロンドン支店での海外店実習が中心)
  • ■ 審査トレーニー
  • ■ 資産運用トレーニー
  • ■ その他

トレーニー体験者紹介

  • 私は行外トレーニー制度の一つである「ストラクチャードファイナンストレーニー」を活用し、外部の金融機関に1年間出向しました。トレーニー先では非日系企業に対するプロジェクトファイナンス(※1)およびアセットファイナンス(※2)などの専門業務を学びました。 行外トレーニーを活用した理由は、「ちばぎんは海外拠点を多く有し、お取引先の企業が参画している海外の大規模プロジェクトにも融資を行っているので、そのような業務に携わりたい」という思いを入行前から持っていたからです。

    トレーニー先ではストラクチャードファイナンス部に所属し、プロジェクトファイナンスチームを中心とした異なる業務を担当している3チームの元で、海外企業の決算書の分析や、市場・業界等の調査、英文契約書の作成方法を学びました。海外プロジェクトに対する融資は決算書や契約書が英語であることに加え、参画する海外企業の情報も限定的であり、国によって税制やビジネスの慣習が異なるなどの高い壁がありました。融資の判断を行うために、限られた時間のなかで上記の問題点を解決することは非常に難しかったですが、日々成長を感じることができました。
    プロジェクトなどに対する融資は数年の期間を要するため、私の在籍中に契約成立まで至ることはできませんでしたが、案件を引き継いだ職員から「今西のおかげで無事に完了できたよ」と報告を受けたときは、非常に感慨深かったです。

    現在は法人営業部において、国内外のプロジェクトファイナンスなどの推進を行っており、企業から大規模な案件の相談を受けた場合に、お客さまにとって最適な融資の手法を模索しながら、融資スキーム(仕組み)の構築を図っています。業務を遂行するには専門的な知識が要求されますが、トレーニー期間中に多くの案件に携わることでスキル・ノウハウを習得できたので、自信をもって業務を進めることができています。

    私はトレーニー制度を活用することで、入行当時に抱いていた思いを実現することができました。今後はさらなるスキルアップを図り、この分野におけるスペシャリストとして活躍できる人材となることが目標です。

    ※1)プロジェクトファイナンス:企業が遂行するプロジェクトにおける収益性をもとに資金調達する融資手法
    ※2)アセットファイナンス:企業が保有する資産から生み出される収益性を担保に資金調達する融資手法

  • 相談窓口業務を担当していた頃、お客さまと接するなかで、もう一歩踏み込んだ幅広い提案ができるようになりたいと常に感じていました。そんな折に、行内トレーニー制度の一つである「資産運用トレーニー」が公募されたので、資産運用に関する知識とスキルを深めるチャンスだと思いトレーニー制度を活用しました。

    トレーニー先である資産運用サポート部では、年金、税金、相続関連業務、保障性保険など専門性の高い知識を吸収することで、提案の幅を広げることができました。また保険会社・運用会社の講師によるマーケットの勉強や提案スキルの向上を目指した研修も受けました。それまでは業務のなかで商品を扱うのみでしたが、商品開発の裏側や、それに携わった人たちの思いを知ることができ、商品の魅力を再確認できました。そして、何より私自身の視野が広がったと感じました。

    現在は、資産運用サポート部のAC(エリアコンサルタント)に所属しており、ブロック全体の預かり資産の推進活動を渉外担当として引っ張っています。またトレーニーで学んだ知識と経験を生かすことで、商品をただご案内するのではなく、お客さま一人ひとりのマネープランに合わせた最適な商品提案ができるようになったと感じています。

    今後も常にスキルアップのための努力を継続し、お客さまだけでなく一緒に働いている仲間からも頼りとされる職員になれるよう頑張りたいと思います。

業務スキルに応じた業務別研修体制

個々人の「できること」「できないこと」を「見える化」することを目的に業務習得状況を測定し、業務別に「スキルレベル」を「メタル、ブロンズ、シルバー、ゴールド」の4段階で判定しています。研修については受講対象者を「入行年次」「業務スキルレベル」「担当業務」によりカテゴライズを実施し、職員一人ひとりの課題克服に向けた支援を行います。

スキルレベル別研修(業務スキル「ブロンズ」の一例)

  • ■ 提案力強化ブロンズコース
  • ■ 目利き力向上ブロンズコース
  • ■ 経営支援・債権管理ブロンズコース
  • ■ 住宅ローン推進ブロンズコース
  • ※このほかにも、数多くの業務別研修をスキル別に行い、
    各種スキルの習得を図っていきます。

キャリア形成に関する研修

入行1年目、3年目、8年目にキャリアプランニング研修を実施しています。 これまでの銀行員生活を振り返ることで自己分析を行い、将来のキャリアプランの設定を行います。そして、設定したキャリアプランを実現していくために必要な能力開発と課題の明確化を図ります。グループワークなどを通して、「自らのキャリアを考える」機会を持つことにより、仕事や能力開発に対する意識を高めていきます。

自己啓発チャレンジ目標制度

職員が自らキャリア形成に向けて積極的に自己啓発に取り組み、業務の専門性を高めていく環境を制度面から整備していくため、公的資格試験や検定試験等の合格に対して所定の単位数付与や奨励金支給を行っています。

公的資格

  • 中小企業診断士
  • 証券アナリスト
  • 税理士
  • 社会保険労務士
  • 不動産鑑定士
  • 公認会計士
  • 宅地建物取引士
  • 日商簿記 等
  •  

各種検定試験

  • 法務 財務 税務
  • 融資上級
  • FP2級(個人・法人)
  • 預金上級
  • 年金アドバイザー 証券 法人融資渉外
  • 投資信託 外為 DCプランナー 金融商品取引
  • 金融窓口サービス(テラー業務・金融商品コンサルティング業務)
  • AFP 金融個人情報保護オフィサー
  • 法人営業力強化 等

ちばぎんホリデーカレッジ

幅広い自己啓発を支援するために、休日セミナー「ちばぎんホリデーカレッジ」を実施しています。

語学セミナー

  • ■ ちばぎん中国語講座
  • ■ ビジネス英語学習習慣化
     3ヶ月プログラム
  • ■ ちばぎん金融英語講座
  • ■ その他

資格取得支援セミナー

  • ■ 中小企業診断士養成講座
  • ■ ファイナンシャルプランナー
     1級受験対策特訓講座
  • ■ 外為3級対策講座
  • ■ その他

業務別セミナー

  • ■ ビジネス雑談力セミナー
  • ■ 医療セミナー
  • ■ 土地活用セミナー
  • ■ 国際業務推進セミナー
  • ■ その他