2018年度 新卒採用サイト
ENTRYMY PAGE
  • 私の仕事は、企業の財務分析や担保の管理、経営再建のサポートや融資窓口に来店されたお客さまの相談などを行う融資管理業務です。 融資を実行したお客さまの中には、経済環境の変化などにより業績が悪化してしまうケースがあります。その際、本部や外部の専門家と一緒に改善策を考え、企業再建に向けた提案を行うのも融資管理業務の大きな役割です。

    経営再建は、お客さまとちばぎんとの話し合いだけで解決するとは限りません。他行からも借入がある場合は、関係する全ての銀行担当者による「バンクミーティング」が設けられ、そこでお客さまの経営再建に向けた方策を話し合うことになります。

    業績が悪化したお客さまは、経営上の問題点に気づくのが遅れることも少なくなく、私が担当した工作機械メーカーの社長も改善すべき課題が具体的につかめず悩んでいました。そこで私は、本部の企業サポート部に支援を要請し、本部と支店が一丸となってバックアップを行いました。そして、公的機関である中小企業再生支援協議会とも連携して立案した事業計画をもとに、バンクミーティングで再生案を検討した結果、新たな経営方針をまとめることができました。これも各専門家との協働はもちろん、何よりお客さま自身の「会社を立て直したい」という熱い思いがあったからこそできたと感じています。

    企業の業績改善には数年を要することも多く、「お客さまの役に立てた」と実感できるまでには時間がかかります。それだけに感謝されたときには、大きな達成感が得られます。

    経営再建のサポートには、実際の現場を検証し改善策を模索するスキルや、税務・財務・法務といった幅広い知識が必要とされます。そこで現在、私は中小企業診断士の資格取得を目指しているところです。

    私の目標は、さらに研鑽を積み重ね、問題点の解決に尽力できるようになること。そして、お客さまのお考えをよく聴き、会社への熱い思いを汲み取った提案ができるようになりたいと考えています。

  • 住宅ローンを中心に、個人のお客さまのライフイベントに合わせたニーズに応える「ローン業務」、それが私の仕事です。ローン窓口では、他にもマイカーローンや教育ローン、カードローンなど、様々なローンを取り扱っています。

    住宅ローンでは、他の金融機関から当行への借換え相談にも対応しています。借換え後の返済額シミュレーションをお客さまに提示し、月々の返済額や総額を説明するなど、お客さまにとって分かりやすい提案が求められます。

    忙しいお客さまも多数来店されるため、書類手続きの案内などには不備がないよう、丁寧かつ正確に対応する必要があります。ローン業務で必要となる基礎知識は、研修と営業店でのOJTで学んでいきます。
    当初はお客さまからの質問に即答できないことも多々ありましたが、すぐに上司や先輩に確認して、お客さまにお答えするように心掛けていました。こうした実務経験を通して、幅広い知識を習得することができたと思います。

    私が担当したお客さまの中に、出産を機にマイホームを構えたいというご家族がいらっしゃいました。住宅ローンを組まれるお客さまは、多くの場合が初めての経験ですので、このご家族も最初は不安でいっぱいの表情でした。しかし来店のたびに表情が和らいでいき、最後の手続きが完了したときには、満面の笑みで「ありがとうございました。これで念願の夢が叶いました」との言葉をいただきました。ローン業務を担当して本当に良かったと、心から感じられた瞬間でした。

    ローン商品は、専門的な知識が必要な場合が多く、お客さまがご自身の要望をうまく伝えられないことがあります。そこで話をよく伺い、ニーズがどこにあるのかを読み取り提案することで、お客さまに安心を提供することが重要だと私は考えています。今後も一人ひとりに寄り添った提案を行うことで、お客さまの夢の実現をサポートできるよう、より一層成長していきたいと思っています。

  • 渉外業務(法人)担当として、既に取引のある法人及び個人事業主のお客さまに対し、事業性資金のご提案や、販路拡大・事業承継のサポートなど、企業のニーズに対してあらゆる角度からお応えするとともに、新しい取引先を開拓していくのが私の仕事です。
    建設・飲食・メーカー・輸入販売業など多種多様な業種・業界の企業を担当していますので、お客さまのニーズも多岐にわたります。
    なかには、お客さまのニーズに私一人の力では対応できないこともあります。その場合には、本部の専門人員やグループ会社に協力を要請することで、本部・グループ会社と一体となった「オールちばぎん」の体制でお応えします。
    私が常に心掛けていることは、まずはお客さまとじっくり会話をすることで潜在的なニーズを掴むことです。そのためには、企業に対して決算書などでわかる定量的な部分だけを分析するのではなく、お客さまの業界動向や事業内容など定性的な部分についても分析することで、お客さまのことをより深く理解し信頼関係を構築することが重要です。
    私が担当するお客さまに自動車販売を行っている企業があります。今でこそ他のお客さまを紹介していただけるほど良好な関係が築けていますが、以前は融資のお取引が全くありませんでした。無借金経営の企業であり、今までは銀行の融資提案を全て断っていたのです。

    しかしながら、私は何度も訪問を重ねて社長と面談するなかで、事前に調べておいたトピックスを持ちかけてニーズを引き出そうと常にアンテナを張っていました。そして、ふとした会話のなかで、現在使用中の土地だけでは自動車置場が足りないというニーズを掴みました。すぐさま営業店と本部で情報を共有したところ、本部から土地の売却を検討している地主がいるとの情報が得られました。その土地はお客さまの本社近隣にあり、立地条件・規模がニーズに合致しました。千葉県内に圧倒的な店舗ネットワークを有し、各営業店からの情報を本部に集約するちばぎんの組織力が生かされた瞬間だと思います。
    そして、不動産会社を介して、お客さま及び地主と密に連携しながら話を進めていった結果、無事に売買が決まり、最終的には土地購入資金をご融資させていただきました。
    無借金経営という理由で、最初の段階で入り込む余地はないと判断していたら、この結果を得ることはできませんでした。先入観を持たずにお客さまに接し、そして情熱を持って行動すれば、必ず結果に結びつくということをこの経験から学びました。
    「君のおかげで今まで悩んでいた問題が解消したよ。ありがとう」と社長から熱いお言葉をいただいたときは、本当に感動しました。
    私たちはちばぎんという看板を背負って仕事をしていますが、お客さまが金融機関を選ぶ最後の判断材料は目の前の担当者です。そういった意味で、日々の業務の中で「人としての魅力」を磨いていくことが重要になります。お客さまの業界について研究することはもちろん、何か要望があればスピーディーに対応していく。そうした些細なことを重ねていくことで、少しずつ信頼関係が構築されていきます。この時のような成功体験をまた味わいたくて、私は常にモチベーションを高め、努力を続けていけるのだと思います。
    新しい取引先の開拓ではお客さまからそっけない対応を受けることもあります。しかしながら、訪問を重ねるなかで、そういったお客さまとも徐々に打ち解けていき、結果としてお取引につながったときの喜びは、何物にも代えがたいものがあります。
    私は渉外業務(法人)担当としてまだまだ発展途上ですので、何事にも日々貪欲に取り組むことで成長したいと思っています。そして、営業店と本部が一体となった「オールちばぎん」体制で、お客さまのあらゆるニーズにお応えし、いつの日かちばぎんを代表する営業マンになりたいです。

  • 私は、住宅ローンを中心とした渉外業務(個人)を担当しています。住宅を購入されるお客さまは、不動産会社をとおして住宅ローンを申し込むのが通例となっています。そのため、まずは不動産会社に足しげく通うことでお客さまをご紹介いただきます。そして、審査の手続きからご融資の契約まで住宅ローンに関する一連の業務を行います。最も重要なことは、不動産会社の担当者といかに良好な信頼関係を築けるかということです。私が担当している地域にはちばぎん以外にもさまざまな金融機関があるため、不動産会社を繰り返し訪問することで担当者と確固とした信頼関係を構築しなければ、お客さまをご紹介していただくどころか、名前を覚えてもらうことすらできません。
    転勤などにより銀行の担当者が替わった場合は今まで築いてきた不動産会社との信頼関係が一からスタートすることも少なくありませんが、どんな些細な相談にもスピーディーに対応し、繰り返し訪問することが重要です。そうすることで、自然とお客さまをご紹介いただけるようになります。入行2年目で渉外業務(個人)を任された当初は、不動産会社の質問に即座にお答えすることができず、怒られることも多々ありましたが、今では若いうちから仕事を任されているというやりがいと日々の成長を感じています。
    私が渉外業務(個人)で独り立ちしたばかりの頃に、ある不動産会社を担当しました。しかしながら、業務経験が乏しかったことから、担当者の要望にスピーディーに対応できず、小さな失敗を繰り返していました。

    そのころ、「この案件を期日までに審査できますか?」という質問に対して、焦りの気持ちから「できます」と安易に答えてしまいました。実際に審査に取り組むと難しい判断を要する案件だとわかり、期日までに審査の回答ができませんでした。担当者に電話口で怒鳴られ、完全に信頼を失ってしまったと思いました。
    このことを上司に報告したときは、悔しさのあまり泣いたことを覚えています。そのときに上司から、自分も若い頃に同じように怒鳴られた経験があると話してくれました。仕事をしていればミスは起きるが、そのときの対応で銀行員としての真価が問われると教えてくれました。その言葉を聞いて、まずは失った信頼を一から築くために行動することにしました。経験が乏しい分は日々勉強して知識で補い、不動産会社から要求されたことにはスピーディーに対応することを心掛けました。
    そしてある日、担当者から「こんなことまでやってくれるのか」という言葉をもらい、もう一度お客さまをご紹介していただくことができました。この瞬間に私と不動産会社の担当者のあいだで新たな信頼関係が生まれたのを感じました。
    失敗の話ばかりになってしまいましたが、私の担当業務はお客さまの住宅購入という人生の一大イベントを住宅ローンでサポートする、非常にやりがいのある仕事です。責任も大きいですが、お客さまの夢の実現に貢献できたときは、これ以上ない達成感を味わえます。
    お客さまのなかには、さまざまな理由からローンの取組みが難しい場合もあります。そのような場合でも、すぐにお断りするのではなく、自分なりに可能性を模索します。書類上だけではわからないことも多く、お客さまから直接お話を聞くことで問題点を解決できることもあります。まだまだ未熟な部分も多いですが、お客さまの夢の実現をサポートしたいという強い気持ちは誰にも負けない自信があります。しかしそのためには、今以上に知識や経験の習得が必要です。日々の業務のなかで実務を学ぶだけでなく、不動産に関する幅広い知識を習得したいと考えています。自分の仕事の可能性が広がったときに、今まで以上に仕事のやりがいや楽しさが発見できると思います。

  • 私の仕事は、お客さまのライフプランに合わせて資産運用のご提案をする相談窓口業務です。お客さまには運用が初めてという方も多くいらっしゃいますので、すぐに商品をご提案するのではなく、まずはお客さまとじっくり会話するなかでライフプランに対する考えを理解するように努めています。
    相談窓口業務はお客さまの大切な資産をお預かりしますので、お客さまに信頼していただくことがとても重要になります。お客さまは「この人に大切な資産について相談しても大丈夫か」という不安を抱えていますので、そういった不安を取り除き信頼関係を作ることも相談窓口業務の仕事です。しかしながら、知識と経験だけではお客さまの信頼を得ることはできません。窓口に来られるお客さまには、大切な資産に関する相談をすることから、緊張されている方も少なくありません。リラックスして相談できるような雰囲気づくりを心掛け、いつも笑顔でお客さまをお迎えするようにしています。また、お客さまのご家族や趣味に関する話をすることで、自然と距離感が近づいていきます。そういった何気ない会話からもお客さまのライフプランや資産運用に関する考えを汲み取ることができます。なかには「うちの息子のお嫁さんにならないかい」と冗談を言われることもありますが、そうした時はそれだけお客さまとの距離が近づいたのかもしれないと感じています。
    相談窓口業務は、大切な資産をお預りするお客さまへ、最適な運用プランを提供するのが仕事ですが、まずはお客さまとの信頼関係を深めることが必要ですので、お客さまに「あなたに相談してよかった」と思っていただけるように親身な応対を心掛けています。

    資産運用のご提案を行うには、一人ひとりのお客さまのニーズを的確に捉えることが重要です。当たり前ですが、お客さまによって資産運用に対する考え方が異なりますので、ご案内する商品内容もお客さまごとに変わってきます。ちばぎんが取り扱っている投資信託だけでも100種類以上ありますので、お客さまに最適な商品をご案内するためには、日々勉強するなかで豊富な商品知識を身につけることが大切です。また、初めて資産運用をお考えのお客さまはご自身がどのように資産を運用したらよいかわからない場合も多々あります。そのような場合には、まずはお客さまのお話をじっくり伺うことで、お客さま自身が気づいていないニーズを顕在化できるように心掛けています。しかしながら、経済環境の変化により、お客さまにご提案した商品の運用が上手くいかない場合もあります。マーケット情報には常にアンテナを高く張り、定期的に商品の運用状況について報告させていただくとともに、運用方法の見直しを含めたフォローも行っています。お客さまの大切な資産の運用に関わるため責任は重大ですが、私が提案した運用プランでお客さまに喜んでいただけたときには、私も自然と笑顔がこぼれます。
    ちばぎんへの入行を決めた理由には二つあります。一つ目は、小さい頃から母親とよくちばぎんに行っており身近な存在であったことです。二つ目は、そのときに対応をしてくれた職員がとても親切だったことです。もちろん就職活動時に出会った職員の方や、選考でお話した面接官の人柄も魅力的で、小さい頃に抱いていたイメージと全く同じだったことがとても嬉しく感じました。
    また、実際にちばぎんで働くなかで、ちばぎんにあるもう一つの魅力に気づきました。それは女性がとてもいきいきと活躍しているということです。仕事と育児を両立しながら活躍する先輩職員が多く、そういった女性たちが働きやすい環境作りをちばぎんが全面的にバックアップしているところにとても魅力を感じています。
    私は結婚や出産を経ても、ちばぎんで働き続けたいと考えていますので、それを実現できる制度があり、その制度を実際に利用しながら活躍している女性職員が多いことはとても励みになります。今後はより一層知識の習得に励むとともに、「ちばぎん」の顔として地域のお客さまに信頼される相談窓口のスペシャリストになりたいと思います。

  • 営業支援部は、各営業店の取引推進に関する支援や企画を行うための部署です。私が所属する「チャネル・サービス開発グループ」は、主として営業店が取り扱う商品の開発やキャンペーンなど、サービス向上につながる様々な施策を企画立案し、実行しています。私は主に、預金に関する新商品開発のほか、商品の告知キャンペーンを展開するための企画立案・実行を担当しています。

    商品開発の過程においては、様々な部署の担当者との調整が必要です。また、営業店がお客さまから汲みとったニーズや、独自に発案したアイデアなどをもとに商品化することもあります。そのため本部内はもちろん、各営業店とのコミュニケーションを大切にしています。また、販売促進のキャンペーン展開も重要です。どのような内容のキャンペーンが効果的かを商品ごとに考え、最後に費用対効果のシミュレーションを行い、企画を完成させます。

    お客さまやマスコミ向けに新商品のニュースリリースが配信されると、業務に一区切りがつき緊張から解放されます。職員から「新商品ありがとう。お疲れさま」といった反響が返ってくると、商品開発に貢献できたという達成感を味わうことができます。

    私は営業支援部に所属する傍ら、主に女性の活躍を推進していく組織「ダイバーシティ推進委員会」のメンバーとして、ダイバーシティに関する啓蒙活動や、女性がいきいきと活躍しキャリア形成するための環境作りを行っています。女性活躍の推進をより充実させるため、どのような施策を進めていくかを議論しています。

    ちばぎんは、女性に限らず職員が安心して働き成長するということを、とても大切にしていると感じます。私自身、さらにスキルアップに励むとともに、女性がもっと輝ける環境作りをリードし、より魅力的な会社にしていきたいと思っています。

  • 私は現在、法人営業部で「ストラクチャード・ファイナンス」という仕組みを活用した融資案件を扱う業務を担当しています。営業店では経験のなかった分野ですが、証券トレーニー制度を活用し、証券や投資に関する専門知識を身に付けました。その後、東京営業部にて上場企業を中心とした法人融資業務を通じ、幅広い金融知識と視野、経験を蓄積しながら、現在の業務に対応できる下地を築いていきました。

    ストラクチャード・ファイナンスの一つに、「シンジケートローン」があります。これはお客さまの大規模な資金ニーズに応えるため、複数の金融機関に参加を促し、1社あたりのリスクを分散させ融資を行う仕組みです。ある営業店の担当者から、大規模な医療施設の建設資金ニーズがあるとの報告が入り、お客さまの財務情報を分析した後、シンジケートローンを組成する準備に取り掛かりました。ちばぎんが主幹事として融資団(シンジケート)をアレンジするため、お客さまとの折衝から、他の金融機関への案件の提案、そして融資の働きかけまで、多岐にわたるアレンジャー業務を遂行しました。日頃から心掛けているスピーディーな対応で、お客さまの資金ニーズにしっかりと応えることができました。

    案件が成約した際には「おかげで本当に助かりました。ありがとう」と、お客さまは笑顔で応えてくれます。他行との差別化を考え、ちばぎんならではの資金調達を提案し、お客さまに喜んでいただけることが、この業務の大きなやりがいです。ストラクチャード・ファイナンスには、他にも多種多様な手法があり奥が深いため、日々勉強に励んでいます。また各分野の専門家や外部金融機関・大手企業との折衝機会も多く、視野が広がります。今後はさらに、グローバルな視点も持てるよう努力し、将来的には海外拠点でも活躍できる人材に成長することを目標にしています。

  • 私が勤務するラウンジは、夕方や週末にも資産運用やローンの相談がしたいというお客さまのために、2013年12月にオープンしました。ここでは資産運用などのマネープランから、住宅ローンをはじめとする各種ローン、ライフプランに合わせた保険の見直しなどの相談を中心に、口座の作成や税金の納付なども受け付けています。私が担当しているのは、お客さまから資産運用のニーズを伺い、最適なご提案を行う相談窓口業務です。

    資産運用のご成約をいただいたお客さまとは、定期的な運用状況の報告や、経済環境の変化に応じた新しいご提案を行うなど、きめ細やかなサポートをさせていただいています。また、お客さまをお迎えする際は「またここに来たい」と思っていただけるように笑顔と親身な対応を心掛けています。「投資信託を買いたいからではなく、柴田さんから買いたいから来た」という言葉をいただいたときは、とても嬉しく思いました。

    仕事を通して感じるのは、お客さまの大切な資産やライフプランに関わるということの責任の大きさです。そのため、新聞などからの情報収集はもちろん、営業店間の意見交換などでも知識の吸収に励んでいます。また、ファイナンシャルプランナーの勉強に取り組み、お客さまにより良い提案ができるよう努めています。

    ラウンジは週末でも予約できるため、お客さまにはゆったりとご利用いただいています。中には人生経験についてエピソードを披露してくださるお客さまもいらっしゃいます。そうしたお話なども、私自身の成長につながると感じています。またラウンジには、所長をはじめ女性職員も多く、皆いきいきと活躍されています。私も諸先輩方を見習って、より一層の知識と経験を身に付け、お客さまの様々な思いに応えられるよう努力していきたいです。