相続手続きの流れ

相続発生のご連絡からお手続きの完了まで

当行とお取引をいただいていたお客さまが亡くなられた場合は相続手続きが必要となります。
ここでは、相続の手続きが完了するまでの流れについてご説明いたします。
基本的な手続きの流れをご説明していますが、内容によりお取扱方法・必要書類が異なります。

詳しくは、お取引店にお問合せください。

ステップ1 相続発生のご連絡

  • お亡くなりになられたお客さま(被相続人)のお取引店へ電話連絡またはご来店ください。
    お取引の内容、相続のケースに応じ、具体的な手続き方法・必要書類をご案内いたします。
  • 残高証明書が必要な場合、お取引店へご連絡ください。
  • 相続のご連絡と同時に、お亡くなりになられたお客さま(被相続人)の口座は、以下のようにお取扱いさせていただきます。
    取引内容 お取扱いについて
    お引出し
    • お取扱いできません。
    お預入れ
    • お取扱いできません。
    お振込みの受取
    • 原則、お取扱いができませんので、家賃等の受取予定がある場合は、振込指定口座の変更をお願いいたします。
    口座振替
    • お引落し(お支払い)できなくなります。
    • 公共料金等の口座振替中の諸代金については、お早めにお引落口座の変更をお願いいたします。

ステップ2 必要書類のご準備

  • ご相続の主なケース・主な必要書類は以下のとおりですが、ご相続の方法・内容によりご準備いただく書類が異なりますので、事前に営業店でご確認のうえご準備いただくようお願いいたします。
    なお、ステップ2末尾記載のご留意事項もご確認ください。

1.遺言・遺産分割協議書がいずれもない場合

  • 亡くなられた方の戸籍謄本(亡くなられた方の出生から死亡までの連続したもので死亡の事実と相続人全員のわかるもの)
  • 相続人の方の戸籍謄本(ご結婚、養子縁組等新戸籍、別戸籍となられている場合は現在の戸籍)
    • 相続人が兄弟姉妹の場合、亡くなられた方の両親の戸籍謄本(出生から死亡まで連続したもの)も必要です。
    • 上記の戸籍謄本一式に代えて、法務局(登記所)が発行する「法定相続情報一覧図」でも差し支えございません。
  • 相続人全員の印鑑証明書(市町村発行後6か月以内のもの。法定相続情報一覧図をご提出の場合は3か月以内のもの)
  • 被相続人の預金通帳、証書、キャッシュカード
  • その他 当行の所定の次の書類
    • 相続手続依頼書
    • 受領書(払戻しの場合。払戻金を振込む場合は省略可)
    • 届出事項変更届・新印鑑届(相続人へ名義変更される場合)
    • 再交付通帳等受取書(被相続人の預金通帳の所在が不明で、かつ相続人へ名義変更される場合)
    • 委任状及び代理人の印鑑証明書(代理人による相続手続きの場合)

2.遺産分割協議後の相続の場合

  • 亡くなられた方の戸籍謄本(亡くなられた方の出生から死亡までの連続したもので死亡の事実と相続人全員のわかるもの)
  • 相続人の方の戸籍謄本(ご結婚、養子縁組等新戸籍、別戸籍となられている場合は現在の戸籍)
    • 相続人が兄弟姉妹の場合、亡くなられた方の両親の戸籍謄本(出生から死亡まで連続したもの)も必要です。
    • 上記の戸籍謄本一式に代えて、法務局(登記所)が発行する「法定相続情報一覧図」でも差し支えございません。
  • 相続人全員の印鑑証明書(市町村発行後6か月以内のもの。法定相続情報一覧図をご提出の場合は3か月以内のもの)
  • 遺産分割協議書(原本のご提出をいただき、写しをいただきます)
  • 被相続人の預金通帳、証書、キャッシュカード
  • その他 当行の所定の次の書類
    • 相続手続依頼書
    • 受領書(払戻しの場合。払戻金を振込む場合は省略可)
    • 届出事項変更届・新印鑑届(相続人へ名義変更される場合)
    • 再交付通帳等受取書(被相続人の預金通帳の所在が不明で、かつ相続人へ名義変更される場合)
    • 委任状及び代理人の印鑑証明書(代理人による相続手続きの場合)

3.遺言による相続の場合

  1. 遺言執行者が指定されている場合
    • 戸籍謄本(亡くなられた方の死亡の事実と受遺者のわかるもの)
    • 遺言書(公正証書又は検認済証明書の添付があるもの)(原本のご提出をいただき、写しをいただきます)
    • 家庭裁判所の遺言執行者選任に関する証明書又は審判書謄本(遺言書に指定されている場合は不要。指定の委託がなされている場合は受託者の遺言執行者選任書)(原本のご提出をいただき、写しをいただきます)
    • 遺言執行者及び受遺者の印鑑証明書(市町村発行後6か月以内のもの)
    • 被相続人の預金通帳、証書、キャッシュカード
    • その他 当行所定の次の書類
      • 相続手続依頼書
      • 受領書(払戻しの場合。払戻金を振込む場合は省略可)
      • 届出事項変更届・新印鑑届(受遺者へ名義変更される場合)
      • 再交付通帳等受取書(被相続人の預金通帳の所在が不明で、かつ受遺者へ名義変更される場合)
      • 委任状及び代理人の印鑑証明書(代理人による相続手続きの場合)
  2. 遺言執行者の指定がない場合
    • 亡くなられた方の戸籍謄本(亡くなられた方の出生から死亡までの連続したもので死亡の事実と相続人全員のわかるもの)
    • 相続人の方の戸籍謄本(ご結婚、養子縁組等新戸籍、別戸籍となられている場合は現在の戸籍)
      • 相続人が兄弟姉妹の場合、亡くなられた方の両親の戸籍謄本(出生から死亡まで連続したもの)も必要です。
      • 上記の戸籍謄本一式に代えて、法務局(登記所)が発行する「法定相続情報一覧図」でも差し支えございません。
    • 遺言書(公正証書又は検認済証明書の添付があるもの)(原本のご提出をいただき、写しをいただきます)
    • 受遺者及び共同相続人の印鑑証明書(市町村発行後6か月以内のもの。法定相続情報一覧図をご提出の場合は3か月以内のもの)
    • 被相続人の預金通帳、証書、キャッシュカード
    • その他 当行所定の次の書類
      • 相続手続依頼書
      • 受領書(払戻しの場合。払戻金を振込む場合は省略可)
      • 届出事項変更届・新印鑑届(受遺者へ名義変更される場合)
      • 再交付通帳等受取書(被相続人の預金通帳の所在が不明で、かつ受遺者へ名義変更される場合)
      • 委任状及び代理人の印鑑証明書(代理人による相続手続きの場合)

ご留意事項

  • 当行所定の書類の記入の仕方については、営業店にてご案内させていただきます。
  • 被相続人が、貸金庫・セーフティケースをご契約されていた場合は、別途ご記入いただく書類がございますので、営業店へお申し付けください。

ステップ3 書類のご提出

  • お取引店もしくは最寄りの千葉銀行支店窓口にご提出ください。

ステップ4 払戻し等の手続き

  • 手続き終了後の払戻し金、通帳・証書等のお受取りにつきましては、書類のご提出から5営業日程頂戴しておりますので何卒ご了承ください。
  • ご預金の払戻金を窓口で受けられる場合は、ご来店時に実印を必ずご持参ください。

遺産整理業務

当行では、有料で相続手続きを代行する、遺産整理業務をご用意しています。

遺産整理業務では、このようなお客さまのニーズにお応えしています。

  1. 相続手続きが良く分からないので、自分だけで全部できるのか不安な方。
  2. 仕事が忙しくて、日中金融機関に行くのが難しい方。
    金融機関がたくさんありすぎて、手続きする時間が足りない方。
  3. 相続人が署名する遺産分割協議書の書き方が分からない方。

遺産整理業務では、

  1. 当行が、「相続手続きの総合的なアドバイス」と、「相続財産の相続手続きの代行や補助」をいたします。
  2. 千葉銀行以外の金融機関(国内に本支店のある金融機関)のお手続きも、千葉銀行が代行いたします。(被相続人名義の財産に限ります。)
  3. 遺産分割協議書の文書化をはじめ、相続手続きの事務的な段取りを、当行が引き受けます。(遺産分割協議の交渉や仲裁は承ることができません。)
  • 遺産整理業務の業務範囲や手数料を含む費用については、当行の遺産整理業務の担当者から別途ご説明をさせていただきます。

遺産整理業務の詳細はこちら

2017年8月9日現在

お問い合わせ

くわしくは、お取引店にお問い合わせください。

各店舗のご案内