補償についてインターネットバンキング

インターネットバンキングによる預金等の不正な払戻し被害への対応について

当行は、2008年2月19日に全国銀行協会より公表された申し合わせ「預金等の不正な払戻しへの対応について」に沿って、次のとおり対応しております。

個人のお客さまが、インターネットバンキングによる預金等の不正払戻し被害にあわれた場合には、預金者保護法及び偽造・盗難カード被害補償の対応に準じ、当行所定の手続きに基づき、被害補償をいたします。

  1. 全国銀行協会の申し合わせ「預金等の不正な払戻しへの対応について」において、お客さまが不正な払戻し被害にあわれた日から30日後までに金融機関に通知を行う必要があるとされておりますので、ご注意ください。
  2. お客さまの「重大な過失」または「過失」となりうる場合については、被害補償対象外、または補償額の一部減額となる場合があります。個別の事案毎にお客さまのお話を伺い、対応させていただきます。
    なお、お客さまの親族等による払戻しの場合、お客さまが被害状況の説明において重要な事項について偽りの説明を行った場合には被害補償の対象とはなりません。

インターネットバンキングをより安全にご利用いただくために、ワンタイムパスワードをご利用ください

当行では、インターネットバンキングの不正利用を防止しセキュリティを強化するため、「ワンタイムパスワード」を無料で提供しております。ぜひご利用いただきますよう、お願い申し上げます。

不正使用にあわれた場合

万が一、インターネットバンキングの不正利用により被害にあわれた場合は、お近くのちばぎんまたは下記のテレフォンバンキングセンターまで、ご連絡ください。

2014年5月1日現在