セキュリティについてワンタイムパスワード(WEB完結)(無料)

サービス概要

ワンタイムパスワードで、ちばぎんのインターネットバンキングがさらに安心してご利用いただけます!

「ワンタイムパスワード」とは、1回限りの使い捨てのパスワードです。
ご希望のお客さまにはパスワードを表示するための専用端末(トークン)をお送りし、トークンに表示されるパスワードを入力していただきます。

「ワンタイムパスワード」のご利用には、インターネットバンキングの専用メニューから、お申込みとご利用開始登録が必要です。

  • 60秒毎に新しいパスワードを生成します。
  • 一度使用したパスワードは、1回限り有効です。使い捨てだから安心。

よくある質問(ワンタイムパスワード)

トークン(パスワード生成機)

「ワンタイムパスワード」を表示するための専用端末です。
トークンは小型で携帯しやすく、表示されたパスワード(数字)を入力するだけでカンタンです。

トークン(パスワード生成機)

ワンタイムパスワード この液晶部分に60秒毎に更新されるパスワードを表示します。

ワンタイムパスワードのしくみ

インターネットバンキングで下記取引をご利用いただく際、トークンに表示されるパスワードを入力していただきます。

トークン

  • 振込(新しい振込先を指定する場合のみ)
  • 民間収納先への各種料金払込み<Pay-easy>(ペイジー)
    • ネットショッピング等
  • ワンタイムパスワードのご利用がない場合、上記お取引ができません。なお、残高照会、取引明細照会については従来どおりご利用いただけます。

パスワードは60秒ごとに更新され、一度使用されたパスワードはその時点で使用できなくなることから、万が一スパイウェア等により、入力したパスワードを第三者に盗まれたとしても、次のお取引きでは異なるパスワードでの認証が必要となり、不正取引の防止に有効な対策となります。

ご入力いただく認証の種類

  お取引種類 振込先/支払先 変更前 変更後
変更点 振込 登録先※1から選択 確認番号(乱数表) 同左
新しい振込先 ワンタイムパスワード
税金・各種料金
払込サービス
<Pay-easy>
国・地方公共団体 確認番号(乱数表) 同左
民間収納先 ワンタイムパスワード
従来
どおり
ログオン時 ログオンパスワード
(ワンタイムパスワードの利用は選択可※2
同左
  1. 振込パターンの登録も含みます。
  2. ログオン時のワンタイムパスワード認証のご利用は選択可能です。不要なお客さまはインターネットバンキングにログイン後、お取引メニューの「電子交付 各種手続き」→「ワンタイムパスワード」→「ログオン時の認証方式の変更」を選択のうえ、「ワンタイムパスワードを利用する」から「ワンタイムパスワードを利用しない」に変更してください。この場合においても、振込等一部お取引時にはご利用が必須となります。

ワンタイムパスワードを使った取引のイメージ

  • ワンタイムパスワードは、インターネットバンキングの不正な取引を防止するものであり、お客さまのパソコン自体のセキュリティを高めるものではありません。インターネットバンキングをご利用になるパソコンやログオンパスワードの管理には十分にご注意ください。

ワンタイムパスワードでできること

  • お振込限度額の引上げ

ワンタイムパスワードを利用される場合、インターネットバンキングのお振込限度額は、限度額の範囲で変更することができます。お取引メニューの「電子交付 各種手続き」→「振込限度額の変更」よりお客さまご自身で変更操作をおこなってください。

ご利用状況 振込限度額(1日あたりおよび1回あたり)
事前登録(書面での登録)先への振込 500万円
ワンタイムパスワード利用時 1,000万円
都度指定(画面での登録)先への振込 50万円
ワンタイムパスワード利用時 200万円
  • 認証方式の変更

ログオン時のワンタイムパスワードのご利用については、随時、ご選択いただけます。
ワンタイムパスワードを利用しない場合は、インターネットバンキングにログイン後、お取引メニューの「電子交付 各種手続き」→「ワンタイムパスワード」→「ログオン時の認証方式の変更」を選択のうえ、「ワンタイムパスワードを利用する」から「ワンタイムパスワードを利用しない」に変更してください。

2016年12月26日現在

よくある質問(ワンタイムパスワード)