セキュリティについてインターネットバンキング

「ちばぎんマイアクセス」<インターネットバンキング>のセキュリティ対策

128ビットSSL暗号化方式

ちばぎんマイアクセス<インターネットバンキング>では、米国ベリサイン社による最新の暗号化技術を採用して、情報の盗聴・情報の書換えを防いでおります。

128ビットSSL(SecureSocketsLayer)とは

SSL(SecureSocketsLayer)とは、米国ネットスケープ社によって提唱されたインターネット上の通信を暗号化するプロトコル(通信の方式)です。
千葉銀行では、インターネットバンキング取引画面と、お客さまのパソコンのブラウザとの間の通信が、SSL暗号化通信によって保護されていることを証明する「SSLサーバー証明書(電子証明書)」を、第三者認証機関として「日本ベリサイン社」と契約して発行しています。
128ビットSSLで暗号化されたお客さまの情報は、2の128乗通りの符合を解読しなければ見ることができないため、現在、最もセキュリティ強度が高い暗号化技術といわれています。

SSLを利用したページを見分けるには…

千葉銀行のホームページで、インターネットバンキングのログイン画面や資料請求など、個人情報を入力するページではSSL通信によって暗号化されています。これらのページでは、URLは「https://…」から始まっています。また、このようなページでは、Webブラウザに「鍵マーク」が表示されます。
「鍵マーク」をクリックすることでWebサイトの証明書を確認することができます。

複数の暗証番号で本人確認

ちばぎんマイアクセス<インターネットバンキング>で利用するパスワードは、「ご契約者番号」・「ログオンパスワード」・「確認番号」・「ワンタイムパスワード」です。これら複数の暗証番号の組み合わせにより厳重な本人確認を行っています。

また、お振込、お振替などのお取引では、ログオンパスワードにプラスして、テレフォンバンキングご契約者カードに記載の確認番号(10桁の乱数)のうち、任意の4桁(操作の都度変更)または「ワンタイムパスワード」を入力していただきます。

前回ご利用日時を表示しています

インターネットバンキングにログオンした時の画面に、前回のログオン日時を表示しますので、第三者による不正アクセスのチェックが可能です。

ログオンの際には、毎回確認する習慣をつけてください。

自動タイムアウト(自動ログオフ)機能

インターネットバンキングにログオンしたまま離席した場合など、一定時間操作がなかった場合には、自動的にログオフし、お取引を終了させていただきます。これにより、第三者の不正利用を防ぐよう配慮しています。

お取引結果などのメール通知

振替、振込などの取引受付時ならびに取引完了時に、あらかじめお客さまにご登録いただいているメールアドレスにお取引内容を通知いたしますので必ずご確認ください。

  • ただし、平日9:00~15:00までに行われた振替、振込、積立定期預金の登録口座への入金のお取引きについては、取引完了時の結果通知のみとなります。

スパイウェア対策として、画面キーボードを導入

スパイウェアに対するセキュリティ対策として、ログオンパスワードや確認番号等の入力をパソコンの画面上に表示するボタンをマウスでクリックすることにより入力していただく機能です。キーボードの操作履歴がパソコンに残らないため、パソコンのキーボード情報を盗み、インターネット経由で第三者に送信するキーロガー型のスパイウェアに対し有効です。

画面キーボード機能は、安全が保証されるものではありません

スパイウェアを防御するため、パソコン環境およびウィルス対策ソフトを最新の状態にしてご利用ください。また、お客さまご自身で、不審な電子メールやCD-ROM等に対してご注意いただきますようお願いいたします。

  • OSがMacintoshの場合、本機能がご利用いただけない場合がございます。その際は、大変恐れ入りますが、パソコンのキーボードをご利用いただきますようお願いいたします。

2016年8月22日現在