千葉銀行
金融機関コード:0134

ページ内の移動用のリンクです

千葉銀行は地域の総合金融サービスグループとして、お客さまの満足度向上を目指し努力を続けてまいります。

本部組織の改定について

平成24年6月26日

千葉銀行(頭取 佐久間 英利)は、「人材育成の充実」「中小企業等への更なる支援態勢の強化」「IT活用の高度化」「広報・CSR活動の強化」などに向けた取組みを一層推進し、中期経営計画「フロンティア70」で掲げた主要課題に迅速かつ的確に対応していくため、本部組織を改定します。具体的内容は、下記のとおりです。

  1. 本部組織の改定内容
    1. (1)「人材育成部」の新設
      中期経営計画の主要課題である「人材育成の充実」に向け、職員の実務能力の計画的な向上を図り、人材の適正配置を進めていくため、「人材育成部」を新設します。同部には、部内室として「能力開発室」を設置し、研修カリキュラムの更なる充実と質的向上を図ってまいります。その他、同部には「人材サポートグループ」、「給与・厚生グループ」及び「人材開発グループ」を置きます。
    2. (2)「企業サポート部」「管理部」の統合
      中小企業金融円滑化法の再延長を踏まえ、コンサルティング機能の発揮等によるお取引先支援を一体的かつ実効性を高めて実施していくため、「企業サポート部」に「管理部」を統合いたします。また、統合後の「企業サポート部」には、「経営支援グループ」及び「債権管理グループ」を置きます。
    3. (3)「IT戦略室」の新設
      ITを戦略的に活用し、商品・サービスの付加価値向上や更なる事務効率化、ワークスタイルも含めた業務改善を積極的に推進していくとともに、現在、当行が進めているシステム共同化プロジェクトである「TSUBASA(翼)プロジェクト」を中心的に担う部署として「IT戦略室」を新設いたします。
    4. (4)「広報CSR部」の新設
      対外的な情報発信機能を強化するとともに、CSR活動の実効性をさらに高めていくため、「経営企画部広報室」及び「CSR推進室」を統合し、「広報CSR部」を新設いたします。
    なお、改定後の本部組織は、下記「本部機構図」のとおりであり、現行と比べて1部室多い22部室3事務所となります。
  2. 実施日
    平成24年6月28日(木)
  3. 本部機構図

    <現在>21部室3事務所

    <改定後>22部室3事務所

以上