千葉銀行
金融機関コード:0134

ページ内の移動用のリンクです

千葉銀行は地域の総合金融サービスグループとして、お客さまの満足度向上を目指し努力を続けてまいります。

千葉銀行創立70周年記念事業の実施について

平成24年9月27日

千葉銀行(頭取 佐久間 英利)は、平成25年3月31日に創立70周年を迎えます。ひとえに、地域の皆さまからの、あたたかいご支援、永年に亘るご愛顧の賜物であり、役職員一同、心より感謝申し上げます。

さて、弊行では、70周年を迎えるにあたり、平成24年10月1日から平成25年9月30日までを活動期間として、お客さまや地域の皆さまの日頃からのご支援にお応えするため、さまざまな取り組みを展開してまいります。

地元自治体と連携した旧木更津支店跡地での「多目的広場の整備」や、九十九里海岸での「保安林の整備」のほか、日本赤十字社千葉県支部への「移動採血車の寄贈」、千葉県の金融史を紹介する「金融資料室の設置」等、お客さまや地域社会への貢献を中心とした、さまざまな記念事業の実施を予定しております。

なお、70周年に向けた統一シンボルマークとして「記念ロゴ」を制定し、10月1日より、全役職員は胸にバッジを着用し勤務します。

その他にも、各種の記念事業を予定、検討しておりますので、実施の都度、お知らせしてまいります。

今後実施予定の主要な記念事業

  • 日本赤十字社千葉県支部への「移動採血車の寄贈」・・・25年2月予定
    • 血液事業への支援を目的に、移動採血車(献血バス)1台を寄贈します。
  • 九十九里海岸での「保安林の整備」・・・25年3月予定
    • マツ食い虫や東日本大震災の津波で被害を受けた海岸保安林の再生を目的に、山武市蓮沼にて、「ちばぎんの森(第4)」森林整備活動を開始します。
  • 金融史を紹介する「金融資料室の設置」・・・25年4月予定
    • 当行および前身銀行を中心とした金融史を紹介する場、および、小学生等の金融教育の場として、金融資料室を設置します。

以上