千葉銀行
金融機関コード:0134

ページ内の移動用のリンクです

千葉銀行は地域の総合金融サービスグループとして、お客さまの満足度向上を目指し努力を続けてまいります。

フィッシング対策ソフト「PhishWallプレミアム」の無償提供開始について

平成25年7月30日

千葉銀行(頭取 佐久間 英利)は、平成25年7月30日(火)より、ホームページやインターネットバンキングをご利用のお客さま向けに提供しているフィッシング対策ソフト「PhishWall」の強化版である「PhishWallプレミアム」を導入し、お客さまへの無償提供を開始しましたのでお知らせします。

  • 「PhishWall」および「PhishWallプレミアム」は株式会社セキュアブレイン(本社 東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO 成田明彦)が提供するフィッシング・MITB対策ソフトです。

昨年来、国内の金融機関のインターネットバンキング等において、利用者が正規のインターネットバンキングのサイトにログオンした際に、偽のポップアップ画面が表示されパスワード等の情報が盗み取られるという被害が発生しています。これは、MITB(マン・イン・ザ・ブラウザ)攻撃と呼ばれる新しい攻撃手法によるもので、ウィルス対策ソフトなど従来のセキュリティ対策では対処しにくいことや偽のポップアップ画面を偽物と見抜くことが難しいといった特徴を持っています。

当行は、これまでもフィッシング対策ソフトの他、トークン式ワンタイムパスワードやスマートフォン向けのセキュリティアプリを無償提供してまいりましたが、今後も高度化が進むインターネット上の脅威に対応するため、この度、MITB攻撃に対応したセキュリティソフトの導入を決定いたしました。

PhishWallプレミアムがご利用いただけるパソコン環境、ご利用方法

対応OS Windows 8、Windows 7、Windows Vista、Windows XP
対応ブラウザ InternetExplorer 10、InternetExplorer 9
InternetExplorer 8、InternetExplorer 7
ご利用方法 株式会社セキュアブレインのサイトへアクセスし、パソコンにインストールしてご利用ください。
ご利用料 無料

当行は、今後もインターネットチャネルのセキュリティ強化ならびにサービス充実に向け積極的に取り組んでまいります。

以上

MITB(マン・イン・ザ・ブラウザ)攻撃のイメージ

パソコンに侵入したウィルスがインターネットバンキングにアクセスした際に通信を乗っ取り、偽のポップアップ画面を利用者のパソコン画面に表示します。偽のポップアップ画面は正規のサイトで表示されるため、偽物の見抜くことが困難です。

PhishWallプレミアムがMITB攻撃を検知した場合に表示される画面イメージ

MITB攻撃型のウィルスがお客さまのパソコン内で活動していないかをチェックし、MITB攻撃型のウィルス感染している兆候を検知した場合には、警告ダイアログを表示してお客さまに注意を促します。(MITB攻撃型のウィルス感染している兆候が無い場合には緑の信号が点灯します。