千葉銀行
金融機関コード:0134

ページ内の移動用のリンクです

千葉銀行は地域の総合金融サービスグループとして、お客さまの満足度向上を目指し努力を続けてまいります。

本部組織の改定について

平成26年3月31日

千葉銀行(頭取 佐久間 英利)は、2014(平成26)年4月から2017(平成29)年3月を計画期間とする第12次中期経営計画「ベストバンク2020 ~価値創造の3年」のスタートにあたり、主要課題に迅速かつ的確に対応していくため、本部組織を改定します。

具体的内容は、下記のとおりです。

  1. 本部組織の改定内容
    営業推進体制の強化及びグループ一体経営の促進を図るため、部署の新設等を行います。これにより、本部組織は現行と比べて1部室多い23部室3事務所となります。なお、組織の概要は下記「本部機構図」のとおりです。
    1. (1)「地域情報部」の新設
      地域情報の収集力及び地域連携機能を高め、情報活用による不動産取引、公共取引等の推進強化を図るため「地域情報部」を新設します。同部には、「情報開発グループ」及び「公共法人グループ」を置きます。これに伴い、「地域営業部」を廃止します。
    2. (2)「ローン営業部」の新設
      住宅ローンへの取組みを一層強化するため、住宅ローンの推進を所管する「ローン営業部」を新設します。同部には、住宅ローンの推進に関する企画・管理・営業店支援及び各ローンセンター・ローンプラザの運営を行う「推進支援グループ」、提携ローンセンターを運営する「提携ローンセンターグループ」を置き、住宅ローンの推進に関する業務を一元化します。
    3. (3)その他本部組織の見直し
      1. (1)企業オーナーの事業承継ニーズ及び富裕層の相続関連ニーズ等への取組みを強化するため、法人営業部に富裕層取引、信託・相続及び事業承継業務の推進に関する企画・管理・営業店支援を行う「プライベートアドバイザリー室」を新設します。
      2. (2)非対面チャネルを活用した顧客基盤の拡大を図るため、営業企画部が非対面チャネルを活用した営業推進を一元的に所管する体制とし、同部に非対面チャネルに関する推進・管理・事務・営業店支援を行う「コンタクトセンターグループ」を新設します。
      3. (3)CSマインドの醸成、接遇マナーの向上、お客さまの声に対する的確・迅速な対応等の全行的なCS向上活動を一層推進していくため、営業企画部に「CS推進グループ」を新設します。
      4. (4)グループ一体経営を促進するため、経営企画部に「グループ統括室」を新設します。
  2. 実施日
    平成26年4月1日(火)
  3. 本部機構図

    本部機構図

以上