千葉銀行
金融機関コード:0134

ページ内の移動用のリンクです

千葉銀行は「リテール・ベストバンク」グループとして、お客さまの満足度向上を目指し努力を続けてまいります。

「成田支店」の移転について

平成26年8月8日

千葉銀行(頭取 佐久間 英利)は、平成26年8月25日(月)に「成田支店」(千葉県成田市)を移転しますので、お知らせします。

「成田支店」は、昭和44年11月より現在地で営業してまいりましたが、このたび、「JR成田駅東口第二種市街地再開発事業」によりJR成田駅前に竣工する再開発ビル内に移転します。

成田支店の歴史は、千葉銀行の前身である「千葉合同銀行」、さらにその前身である成田山新勝寺の第十四世貫主が発起人となって開業した「成田銀行」まで遡り、成田山新勝寺の門前町として栄える「成田」に大正7年に設立された歴史をもつ店舗です。

新店舗では、成田山新勝寺と縁の深い歌舞伎絵を大型のデジタルサイネージで掲示し、店舗の内装は「成田」の街並みにあった「和のテイスト」を取り入れたものとしております。

また、休日もご利用可能な全自動貸金庫や20名程度収容可能で最新の金融情報等を発信するセミナールームなど、機能的で使いやすい店舗設備を取り入れたほか、相談専門窓口となる「コンサルティングラウンジ成田」では、専門のマネープランナーを配置し、プライバシーに配慮した個室相談ブースでお客さまのマネープランについてじっくりとご相談いただける環境を整えました。

以上

成田支店 新店舗概要

名称 成田支店
所在地 成田市花崎町828-50(千葉交通駅前ビル1~3階)
移転日 平成26年8月25日(月)
支店長 高橋 正(タカハシ タダシ)
人員 67名(行員48名、キャリアアシスタント19名)
延床面積 503.91坪(1階189.54坪、2階114.37坪、3階200.00坪)
機械装備等 ATM 6台(全台IC・生体認証・視覚障がい者対応)
365日稼動全自動貸金庫 700個
位置略図

パース図