千葉銀行
金融機関コード:0134

ページ内の移動用のリンクです

千葉銀行は「リテール・ベストバンク」グループとして、お客さまの満足度向上を目指し努力を続けてまいります。

本部組織の改定について

平成26年11月27日

千葉銀行(頭取 佐久間 英利)は、第12次中期経営計画「ベストバンク2020 ~価値創造の3年」の主要施策である、無担保ローンやカード業務の強化等を目的とした本部組織の改定を実施します。具体的な内容は、下記のとおりです。

  1. 本部組織の改定内容
    1. (1)「個人営業部」の新設
      当行では、高齢化や女性の社会進出といった社会構造の変化や、景気回復を背景とした消費行動の活発化に伴いお客さまのニーズ拡大が見込まれる無担保ローンやカード業務の強化に向け、今年8月に「インターネット支店」を新設し、ご来店が難しいお客さまにもローンをお申込みいただけるようにしたほか、10月には国内初のJCBブランドのデビットカードの取扱いを開始するなど、積極的にチャネルやサービスの拡充を図っています。
      こうした取組みを一層強化していくため、無担保ローンやカード業務の専門部署として「個人営業部」を新設します。
    2. (2)「営業支援部」の新設及び「営業企画部」「支店支援部」の廃止
      国内営業部門強化に向け、各施策の実現に向けた迅速かつ一体感のある活動を実現していくため、取引推進に関する企画機能を担う「営業企画部」と営業店に対する支援・指導を担う「支店支援部」を統合し、「営業支援部」を新設します。
      「営業支援部」には、「企画グループ」「チャネル・サービス開発グループ」「支店支援グループ」「コンタクトセンターグループ」を置き、国内営業に係る施策の迅速な実行や、オムニチャネル化の一層の推進を図ってまいります。

    なお、改定後の本部組織は、現行と同じ2本部25部室4事務所となります。

  2. 実施日
    平成26年12月1日(月)
  3. 本部組織の概要[PDF:36KB]

以上