千葉銀行
金融機関コード:0134

ページ内の移動用のリンクです

千葉銀行は「リテール・ベストバンク」グループとして、お客さまの満足度向上を目指し努力を続けてまいります。

「地方創生」への取組みに向けた行内体制の整備について

平成27年3月26日

千葉銀行(頭取 佐久間 英利)は、「まち・ひと・しごと創生総合戦略」の閣議決定を受け、「地方創生」に向けた取組みを強化するため、『「地方創生」関連部会議』を中心とする行内の推進体制を整備しましたので、お知らせします。

「まち・ひと・しごと創生総合戦略」では、地方公共団体に対し、人口動態や地域特性を踏まえた「地方版総合戦略」を策定し、円滑な施策の実施を求めています。

当行は、地域金融機関として「地方創生」の一翼を担うにあたり、取締役専務執行役員営業本部長を座長とする『「地方創生」関連部会議』を組織し、グループ一体となって地域のさまざまな課題解決に向けた取組みを推進してまいります。本会議体は、各地方公共団体の「まち・ひと・しごと創生総合戦略」への対応状況について、情報共有・進捗管理・総合調整を行うとともに、経営陣が実施状況を適切に把握できる態勢としております。

なお、本会議のメンバーには、これまで地方(総合)計画策定やまちづくり推進に関わるさまざまな調査・コンサルティング業務を受託してきた株式会社ちばぎん総合研究所(本社:千葉市稲毛区、取締役社長 水野 創)も入り、シンクタンクの知見も最大限活用してまいります。

また、当行は、地域金融機関に期待される支援分野やサポート体制をまとめた『「地方創生」サポートプログラム』を策定し、各地方公共団体へ配布しております。

当行は、地域のトップバンクとしてグループをあげて「地方創生」への取組みに積極的に参画し、地域社会の持続的な発展及び活性化に貢献してまいります。

行内推進体制

名称 「地方創生」関連部会議
活動内容 「まち・ひと・しごと創生総合戦略」への対応状況に関する情報共有・進捗管理・総合調整
座長 取締役専務執行役員営業本部長
事務局 地域情報部
メンバー 地域情報部長、経営企画部長、法人営業部長、個人営業部長、営業支援部長、審査部長、企業サポート部長
シンクタンク 株式会社 ちばぎん総合研究所

以上