千葉銀行
金融機関コード:0134

ページ内の移動用のリンクです

千葉銀行は「リテール・ベストバンク」グループとして、お客さまの満足度向上を目指し努力を続けてまいります。

次世代認定マーク「くるみん」の取得(4度目)について

平成27年7月30日

千葉銀行(頭取 佐久間 英利)は、平成27年7月17日(金)、千葉労働局長より次世代育成支援対策推進法に基づく「基準適合一般事業主」としての認定を受け、認定マーク「くるみん」を取得しましたので、お知らせいたします。

この認定は、育児支援のための環境整備を「行動計画」として策定・実行し、かつ同法で定められた基準を満たした企業に与えられるもので、当行は平成21年、23年、25年に続き、今回で4度目となります。

今般、認定を受けた当行の第5期「行動計画(平成25年4月~27年3月)」では、育児休業中の職員とその配偶者を対象に「職場復帰応援セミナー」を継続して開催したほか、「千葉工大ひまわり保育園」の設置、各種セミナー等、職員が仕事と家庭を両立できる環境の整備に取組んできました。「行動計画」の詳細につきましては、下記をご参照ください。

先月にはグループ子会社のちばぎん証券株式会社が初の認定を受け、今後もちばぎんグループ全体で「女性の活躍支援」「ワーク・ライフ・バランスの実現」に向けた両立支援制度の拡充や啓蒙活動等の取組みを進めてまいります。

  • 次世代育成支援対策推進法とは、日本の急激な少子化の進行に対応して、次代の社会を担う子どもの健全な育成を支援するため、平成17年に施行された法律です。事業主は次世代育成支援のための行動計画を策定することとされています。

子育てサポートしています 2015・13・11・09年認定事業主

次世代認定マーク「くるみん」

以上