千葉銀行
金融機関コード:0134

ページ内の移動用のリンクです

千葉銀行は「リテール・ベストバンク」グループとして、お客さまの満足度向上を目指し努力を続けてまいります。

「TSUBASA(翼)プロジェクト」への北洋銀行の加盟について

平成27年8月26日

千葉銀行(頭取 佐久間 英利)、第四銀行(頭取 並木 富士雄)、中国銀行(頭取 宮長 雅人)、伊予銀行(頭取 大塚 岩男)、東邦銀行(頭取 北村 清士)及び北國銀行(頭取 安宅 建樹)(以下、「6行」)は、平成27年8月25日(火)、6行が参加するシステム共同化プロジェクト「TSUBASA(翼)プロジェクト」へ、北洋銀行(頭取 石井 純二)が加盟することについて合意しましたので、お知らせします。

  1. 背景・趣旨
    • 「TSUBASA(翼)プロジェクト」は、顧客サービス・商品の充実、ITコストの抑制及びIT要員の相互補完等を目的として平成20年3月にスタートし、システム共同化に関する調査・研究を行ってまいりました。
    • 6行は、相互に目的や時期が一致し、メリットがある各種サブシステムの共同化を実施してきたほか、千葉銀行、第四銀行および中国銀行の3行については基幹系システムの共同化にも合意し、サービス開始に向けた開発を進めているところです。
    • また、システム以外の分野においても、災害時の相互協力、市場・国際業務での連携強化、共同での商品開発など幅広く連携を進めております。
    • 北洋銀行は、システム共同化を中心に幅広く連携を進める「TSUBASA(翼)プロジェクト」の趣旨に賛同し、同行より参加の申入れがございました。
    • これを受けて、6行は「TSUBASA(翼)プロジェクト」のさらなる充実のため、同行が加盟することに合意したものです。これにより「TSUBASA(翼)プロジェクト」は7行が加盟する連携となりました。
  2. 主な検討事項
    当面、次の事項を中心に検討を進めてまいります。
    1. (1)各種サブシステムの共同化・提携
    2. (2)将来の基幹系システムの共同研究・検討
    3. (3)システム以外の分野における連携強化

以上