千葉銀行
金融機関コード:0134

ページ内の移動用のリンクです

千葉銀行は「リテール・ベストバンク」グループとして、お客さまの満足度向上を目指し努力を続けてまいります。

「地方創生」に向けた観光振興のための「レンタサイクル」贈呈について

平成27年11月12日

千葉銀行(頭取 佐久間 英利)は、「地方創生」に向けた地域貢献活動の一環として、ちばプロモーション協議会(会長 森田 健作)をつうじて県内市町村等へ観光用レンタサイクルを贈呈していくこととし、本日、初年度分となる65台を同協議会へ贈呈いたしましたので、お知らせします。

この活動は、「温暖な気候」と「豊かな自然」に恵まれた地域資源を千葉県の観光振興や地域経済の活性化に結び付けていくことを目的としており、今後5年間で約300台の自転車を贈呈していく計画です。

今回贈呈する65台については、館山市・鴨川市・南房総市・鋸南町の3市1町で活用されます。同地域は、「日本風景街道」に『南房総・花海街道』として登録されるなど、豊かな観光資源を抱えており、自治体間の共同利用やモデルコースの整備など広域連携による経済効果にも期待ができます。今後も同協議会と協力して活動を継続することで、県内全域でのサイクルツーリズム推進を目指してまいります。

活動の概要は下記のとおりです。

初年度
(平成27年度)
「ちばプロモーション協議会」をつうじて南房総地域の3市1町に65台を寄贈。
内訳は下表のとおり。
利用先 館山市 鴨川市 南房総市 鋸南町
台数 10台 20台 30台 5台 65台
電気自転車 10台 30台 5台 45台
一般の自転車 20台 20台
次年度以降
(平成28~
31年度)
「ちばプロモーション協議会」をつうじ、千葉県下の市町村等へ初年度寄贈分を含め累計300台を目安として贈呈していく。

当行は、今後も地域のトップバンクとしてグループをあげて「地方創生」に積極的に取組み、地域社会の持続的な発展及び活性化に貢献してまいります。

以上