千葉銀行
金融機関コード:0134

ページ内の移動用のリンクです

千葉銀行は「リテール・ベストバンク」グループとして、お客さまの満足度向上を目指し努力を続けてまいります。

千葉大学「客員産業連携研究推進コーディネーター」の受嘱について

平成27年12月7日

千葉銀行(頭取 佐久間 英利)は、平成27年12月7日(月)、当行行員8名が国立大学法人千葉大学(学長 徳久 剛史、以下、「千葉大学」)より、「客員産業連携研究推進コーディネーター(以下、「客員コーディネーター」)」を受嘱しましたので、お知らせいたします。

客員コーディネーターとは、千葉大学の研究成果及び技術力等を産業界に広く還元するための「企業との橋渡し」役を担う人材です。千葉大学から委嘱を受けた行員は、大学の研究成果を企業に情報提供するとともに、企業の新商品・新技術の開発ニーズを収集し、千葉大学との共同研究等の連携機会を拡充することを目的に活動いたします。なお、千葉大学から客員コーディネーターを受嘱するのは、当行行員が初めてとなります。

当行は、平成17年に千葉大学と「連携協力に関する協定書」を締結し、協力関係を築いてまいりました。今回の受嘱を機に、産学連携の普及・推進による地域の産業活力強化と大学の研究力強化に一層貢献してまいります。

受嘱の概要は下記のとおりです。

目的 大学の研究成果を産業界に広く還元し、社会貢献に寄与する
職務内容 企業の新商品・新技術等の開発ニーズを収集し、大学の研究成果との連携を図る
任期 平成27年12月7日(月)~ 平成30年3月31日(土)
受嘱者 法人営業部 成長ビジネスサポート室所属の8名

スキーム図

以上