千葉銀行
金融機関コード:0134

ページ内の移動用のリンクです

千葉銀行は「リテール・ベストバンク」グループとして、お客さまの満足度向上を目指し努力を続けてまいります。

フィンテックベンチャー「freee」が提供する「freee金融機関アドバイザープログラム」への参画について

平成27年12月14日

千葉銀行(頭取 佐久間 英利)は、平成27年12月14日(月)、freee株式会社(代表取締役 佐々木  大輔、以下「freee」)が提供する金融機関向け協業体制検討プログラム「freee金融機関アドバイザープログラム」に参画し、同社と今後の協業体制について具体的な検討を開始しましたので、お知らせいたします。

freeeは、中小企業・個人事業主向けのクラウド型会計ソフト・給与計算ソフト・法人設立支援サービス等を全国40万事業所に提供している業界最大手企業です。

本プログラムは、当行とfreeeが協働して、同社サービスや、同社サービス利用企業の各種情報等を、当行の与信審査や経営モニタリング・マーケティング施策等に活用していくことを検討するものです。

当行は、本プログラムへの参画をつうじて、フィンテック(革新的な金融IT技術)を活用した新たな金融サービスの提供につなげてまいります。

本プログラムにおける主な検討項目は、下記のとおりです。

  • 当行の法人向けインターネットバンキング<Web-EB>(以下、「法人IB」)との連携機能の提供
  • 当行法人IB利用者がfreeeの各種サービスを申込みした際の特典の提供
  • 中小企業・個人事業主向けセミナー等の相互紹介
  • freeeが提供するクラウド会計ソフト利用企業向けの新たな融資スキームの検討 等

上記の検討項目は、今後、変更となる可能性がありますが、実現性等が確認できたものから順次、お客さまにサービスを提供していく予定です。

本件は、フィンテックベンチャーとの協業第2号となります。当行は今後も、お客さまの利便性向上や新たなサービスの提供に向けて、他企業との協業を積極的に検討してまいります。

freee株式会社概要

  • 平成24年7月設立のフィンテックベンチャー企業である。
  • 中小企業・個人事業主向けにクラウド※1型会計ソフト・給与計算ソフト・法人設立支援サービスを提供している。40万事業所が利用しており、 業界シェアは37.5%でトップ※2を誇る。
  1.    ※1クラウドとは、インターネットを通じて利用可能なサービス。
       利用企業は自社でハードウェア・ソフトウェアを保有する必要が無く、低コストで簡単に導入可能。
       外部でスマホでも利用が可能。
  2.    ※2平成27年8月 デジタルインファクト調べ。
  • 早くから海外で認められ、海外ベンチャーキャピタルから出資を受けている数少ない企業である。
所在地 東京都品川区西五反田1-18-9 五反田NTビル7F
代表者 代表取締役 CEO and Co-Founder 佐々木 大輔
資本金 52億円
サービス概要
  • クラウド型会計ソフト freee
    法人IB等と連動し、自動会計仕訳、決算・申告まで自動で会計士とデータ共有が可能。
  • クラウド型給与計算ソフト freee
    給与明細をオンラインで配布し、給与振込は法人IBとデータ連携するほか、マイナンバーも管理可能。
  • 法人設立支援サービス freee
    インターネット上で法人設立用書類を最短5分で作成可能。

以上