千葉銀行
金融機関コード:0134

ページ内の移動用のリンクです

千葉銀行は「リテール・ベストバンク」グループとして、お客さまの満足度向上を目指し努力を続けてまいります。

スマートフォン向けアプリ「ちばぎんアプリ」の提供開始について

平成28年5月19日

千葉銀行(頭取 佐久間 英利)は、フィンテック(革新的な金融IT技術)を活用した顧客サービスとして、平成28年6月下旬を目途に、スマートフォン向けアプリ「ちばぎんアプリ」の提供を開始いたしますので、お知らせします。

「ちばぎんアプリ」には、キャンペーン情報やお知らせを最適な場所、最適なタイミングでお届けする位置情報連動型プッシュ通知のほか、店舗・ATM・ちばぎんパートナー※1店舗の検索、当行のCM動画や広報誌「Lounge(ラウンジ)」の閲覧といったアプリならではのさまざまな機能を搭載します。

本アプリの開発にあたり、当行はフィンテックベンチャーのファストメディア株式会社(代表取締役 庵原 保文)のクラウド型アプリ開発プラットフォーム「Yappli※2」を採用いたしました。今後も同社の「Yappli」を活用し、「金融機能を基本とした便利で多機能なスマホアプリ」を提供すべく、順次、機能拡張を行っていく予定です。

当行は、フィンテックを活用し、お客さま一人ひとりにあった商品・サービス・情報を、店舗やATMだけでなくさまざまななチャネルから最適なタイミングで提供するオムニチャネルの実現を目指しています。本アプリをオムニチャネル化の重要な起点として位置付けており、今後も本アプリをつうじ、先進的で利便性の高いサービスの提供を行ってまいります。

  • ※1対象カードの利用者に対し、ポイント優待や割引きなどの地域優待サービスを提供する提携企業。
  • ※2複雑なプログラミングが不要な簡単アプリ作成・運用サービス。

ちばぎんアプリの画面イメージ

  • 画面は開発中のため、仕様が変更となる場合がございます。

当行が目指すフィンテックを活用したオムニチャネル(イメージ)

ファストメディア株式会社について

本社所在地 東京都港区赤坂2-14-5 Daiwa赤坂ビル4階
代表者 代表取締役 庵原 保文
資本金 3億7,190万円
事業内容 クラウド型アプリ開発プラットフォーム「Yappli」の開発・提供
取引実績 ヤフー(株)、福岡ソフトバンクホークス(株)、(株)TBSディグネットほか
URL https://yapp.li/

以上