千葉銀行
金融機関コード:0134

ページ内の移動用のリンクです

千葉銀行は「リテール・ベストバンク」グループとして、お客さまの満足度向上を目指し努力を続けてまいります。

フィンテックベンチャー「ゼネリックソリューション」への投資決定について

平成28年5月31日

千葉銀行(頭取 佐久間 英利)は、グループ子会社のちばぎんキャピタル株式会社(取締役社長 佐々木 英憲、以下「ちばぎんキャピタル」)が、同社の運営するファンド「ひまわりG2号投資事業有限責任組合」をつうじて、ゼネリックソリューション株式会社(代表取締役 小西 亮介、以下「ゼネリックソリューション」)へ投資を行うことを決定いたしましたので、お知らせします。

ゼネリックソリューションは、昨年12月より、当行とビッグデータ分析の分野で協業しているフィンテックベンチャーです。この度、ちばぎんキャピタルは、同社のデータマイニング等に関する事業の強みや成長性を評価し、ファンドによる投資を決定したものです。

今回の投資概要は下記のとおりです。

投資先情報

投資先企業名 ゼネリックソリューション株式会社 
代表者 代表取締役 小西 亮介
所在地 東京都渋谷区南平台町1-9 南平台宝来ビル4F
設立 平成18年12月
主な事業内容 データマイニング、ビッグデータ解析、分析用ソフトウェア販売
主要取引先 パルシステム生活協同組合連合会、株式会社栄光
株式会社大地を守る会、株式会社電通
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ(NTTデータ)

投資内容

投資ファンド ひまわりG2号投資事業有限責任組合(ひまわりG2号ファンド)
投資時期 平成28年6月(予定)
投資額 1億円(予定)

当行は、ゼネリックソリューションとの協業等により、マーケティングの高度化を図り、お客さま一人ひとりにあった商品・サービス・情報を、店舗やATMだけでなくさまざまなチャネルから最適なタイミングで提供するオムニチャネルの実現を目指してまいります。

  • 統計学やパターン認識、人工知能等のデータ解析の技法を、大量のデータに網羅的に適用することで、データ項目間の相関性やパターンを探し出す技術のこと。

ひまわりG2号投資事業有限責任組合(ひまわりG2号ファンド)の概要

  1. (1)組合名:ひまわりG2号投資事業有限責任組合
  2. (2)設立日:平成26 年10月8日
  3. (3)ファンド総額:10億円
  4. (4)出資者および出資額
    有限責任組合員 千葉銀行:9億円
    無限責任組合員 ちばぎんキャピタル株式会社:1億円
  5. (5)存続期間:10年
  6. (6)投資対象:株式上場を志向する企業、投下資本の増殖回収が期待できる優良企業等

以上