千葉銀行
金融機関コード:0134

ページ内の移動用のリンクです

千葉銀行は地域の総合金融サービスグループとして、お客さまの満足度向上を目指し努力を続けてまいります。

インドステイト銀行との業務提携について
~国際協力銀行(JBIC)とインドステイト銀行の業務協力覚書に参加~

平成25年3月13日

千葉銀行(頭取 佐久間 英利)は、インドにおいて事業を展開するお客さまへの支援を強化するため、国際協力銀行(JBIC)とインドの大手金融機関である「インドステイト銀行」との業務協力覚書に参加し、「インドステイト銀行」との提携関係を構築しましたのでお知らせします。

  1. 提携の概要
    提携銀行 銀行名 正式名称 State Bank of India
    本店所在地 インド ムンバイ市
    資産規模 約21兆円(2012年3月末時点:インド国内で第1位)
    拠点数 インド国内:約15,000店舗 海外拠点:34ヶ国173拠点
    従業員数 約220,000名
    ご提供可能なサービス
    1. (1)インドの経済・投資環境等、海外進出に必要な情報の提供
    2. (2)JBICとSBIの協力によるセミナー開催
    3. (3)SBIへの顧客紹介によるサービス提供(口座開設・各種相談等)
    4. (4)各種相談(東京支店・現地窓口の紹介)
    契約締結日 平成25年3月13日(水)
  2. 背景・経緯ほか

    当行は、アジア各国へ進出するお客さまを支援するため、インドネシアの「CIMBニアガ銀行」、タイの「バンコック銀行」、中国の「交通銀行」およびアジア全域における提携先として英国の「スタンダードチャータード銀行」と業務提携を行ったほか、平成23年3月にはシンガポールに駐在員事務所を開設する等、アジア・ネットワークの強化に取り組んでまいりました。

    「インドステイト銀行」は、インド最大の資産規模を有し、日本においては東京・大阪に支店があり、日本企業の支援を専門に行うジャパンデスクを設置している、日本語対応が可能な数少ないインドの大手金融機関です。今回の業務提携により、当行は「インドステイト銀行」と連携して、インドに進出するお客さまに、きめ細やかな金融サービスやインド経済・投資情報を提供することが可能となりました。

当行は今後もお客さまのアジア・ビジネスに対する支援を一層強化してまいります。

以上