千葉銀行
金融機関コード:0134

ページ内の移動用のリンクです

千葉銀行は地域の総合金融サービスグループとして、お客さまの満足度向上を目指し努力を続けてまいります。

東亜銀行との業務提携について

平成25年11月26日

千葉銀行(頭取 佐久間 英利)は、平成25年11月25日(月)、中国・香港において事業を展開するお客さまへの支援を強化するため、香港の金融機関である「東亜銀行」と覚書を締結し、業務提携関係を構築しましたのでお知らせします。

  1. 業務提携の概要
    提携銀行 銀行名 正式名称:東亞銀行有限公司(The Bank of East Asia, Limited)
    本店所在地 香港(セントラル)
    資産規模 約9.0兆円(2013年6月末時点)
    拠点数 香港・中国本土(210以上)を含め、世界各国に230以上
    従業員数 12,000名以上
    提携の内容
    1. (1)東亜銀行のネットワークを通じた弊行のお客さまに対する現地金融サービスのご提供
      中国をはじめとするアジア地域で事業を展開する弊行のお客さまを、東亜銀行にご紹介し、現地において各種金融サービス(口座開設・各種相談等)をご提供いたします。
    2. (2)弊行のネットワークを通じた東亜銀行のお客さまに対する金融サービスのご提供
      日本やその他の地域で事業を展開する東亜銀行のお客さまを、弊行にご紹介して頂き、弊行が各種金融サービス(口座開設・各種相談等)をご提供いたします。
    契約締結日 平成25年11月25日(月)
  2. 背景・経緯ほか

    当行は、アジア各国へ進出するお客さまをサポートするため、香港に支店、上海とシンガポールに駐在員事務所を有する他、中国の「交通銀行」、タイの「バンコック銀行」、インドネシアの「CIMBニアガ銀行」、インドの「インドステイト銀行」、フィリピンの「メトロポリタン銀行」およびアジア全域における提携先として英国の「スタンダードチャータード銀行」と業務提携を行うなど、アジア・ネットワークの強化に取り組んでまいりました。

    「東亜銀行」は、中国本土に外銀として最大のネットワークを有する香港最大の独立系地場銀行であり、日本語対応が可能なジャパンデスクも設置しております。今回の業務提携により、中国をはじめとするアジア地域に進出される当行のお客さまに、きめ細やかな金融サービスを提供することが可能となりました。

以上