千葉銀行
金融機関コード:0134

ページ内の移動用のリンクです

千葉銀行は「リテール・ベストバンク」グループとして、お客さまの満足度向上を目指し努力を続けてまいります。

ちばぎん停止条件付保証付帯融資制度の取扱開始について

平成26年4月1日

千葉銀行(頭取 佐久間 英利)は、平成25年12月5日(木)に経営者保証に関するガイドライン研究会(全国銀行協会および日本商工会議所が事務局)が公表した「経営者保証に関するガイドライン」における経営者保証の機能を代替する融資手法として、平成26年4月1日(火)より「ちばぎん停止条件付保証付帯融資制度」の取扱いを開始いたします。

本制度は、契約時に法人の代表者と「停止条件付連帯保証に関する合意書」を締結することにより、代表者の保証債務の発生を留保(無保証の状態)し、合意書に記載する誓約条項に抵触した場合、当行からの通知により保証債務が発生する融資制度です。制度概要は以下のとおりです。

制度概要

項目 内容
ご利用対象者 次の事項を全て満たす中小企業
  1. 業歴が5年超であること
  2. 事業に必要な営業許可等の名義がお借入人であること
  3. お借入人と経営者個人の一体性解消が確認できること
  4. 当行が定める財務基準を満たしていること
  5. 決算書に税理士法第33条の2第2項に規定する添付書面を添付していること
  6. 以下のいずれかのチェックリスト(全項目合致を税理士が署名・押印したチェックリスト)を提出すること
    1. (1)「中小企業の会計に関する基本要領」の適用に関するチェックリスト
    2. (2)「中小企業の会計に関する指針」の適用に関するチェックリスト
お使いみち 運転資金・設備資金
ご融資金額 100万円以上
ご返済方法 元金均等返済または元利均等返済
ご融資利率 当行所定利率(変動金利・固定金利)
担保 原則、不要
保証人 代表者と停止条件付保証契約を締結

当行は、地域密着型金融の推進、コンサルティング機能強化の観点から、不動産担保や個人保証に過度に依存しない融資手法を活用し、お客さまの資金調達ニーズにお応えしてまいります。

以上