千葉銀行
金融機関コード:0134

ページ内の移動用のリンクです

千葉銀行は「リテール・ベストバンク」グループとして、お客さまの満足度向上を目指し努力を続けてまいります。

独立行政法人住宅金融支援機構の「サービス付き高齢者向け賃貸住宅融資(施設共用型)」の取扱開始について

平成26年11月28日

千葉銀行(頭取 佐久間 英利)は、平成26年11月28日(金)より、独立行政法人住宅金融支援機構(理事長 宍戸 信哉)と提携し、「サービス付き高齢者向け賃貸住宅融資(施設共用型)」の取扱いを開始しましたので、お知らせします。

近年、高齢者単身世帯や高齢者夫婦のみの世帯が増加し、高齢者が安心して生活できる住まいの整備が喫緊の課題となるなか、今般、サービス付き高齢者向け賃貸住宅の供給と事業運営の支援を目的として、独立行政法人住宅金融支援機構と協調して融資を行う制度の取扱いを開始するものです。

独立行政法人住宅金融支援機構との本協調融資制度の取扱いは、千葉県内に本店を置く金融機関では初めてとなります。

当行は、今後も医療機関及び介護事業に携わるお客さまの多様なニーズにお応えしてまいります。

制度概要

項目 内容
ご利用対象者 当行と融資等のお取引実績がある法人または個人の方
お使いみち サービス付き高齢者向け賃貸住宅の建設事業費
ご融資期間 35年以内
対象となる物件 サービス付き高齢者向け賃貸住宅のうち「施設共用型」に該当する物件
  • 「施設共用型」とは、共用部分に共同で利用するための台所、収納設備または浴室を備え、各住戸に水洗トイレ及び洗面設備を備えた、専有面積が18㎡以上ある住宅。

以上