千葉銀行
金融機関コード:0134

ページ内の移動用のリンクです

千葉銀行は「リテール・ベストバンク」グループとして、お客さまの満足度向上を目指し努力を続けてまいります。

個別動産担保融資の取組みに係る三菱UFJリース株式会社及び株式会社ユーマシンとの業務提携について

平成26年12月25日

千葉銀行(頭取 佐久間 英利)は、平成26年12月25日(木)に、債権・動産担保融資(以下、「ABL」という)の取組みを強化するにあたり、三菱UFJリース株式会社(社長 白石 正)及び三菱UFJリースグループの株式会社ユーマシン(社長 林 秋光)と業務提携を行いましたので、お知らせします。

当行は、地域密着型金融の推進、コンサルティング機能の強化の観点から、不動産担保や個人保証に過度に依存しない融資手法としてABLを積極的に取組んでおります。今般、在庫(原材料、商品)や売掛債権に加えて、機械設備等の個別動産を担保とした資金供給を強化するため、長年に渡り機械設備等のリースを行い、機械設備等に関する豊富なノウハウを有する三菱UFJリース株式会社及び株式会社ユーマシンと業務提携を行いました。

当行は、今後もABLへの取組みを一層強化し、多様化するお客さまの資金調達ニーズにお応えするとともに、地域経済の活性化に貢献してまいります。

業務提携内容

  • 機械設備等の評価業務
  • 機械設備等の売買予約業務(個別案件毎に必要に応じて動産売買予約契約を締結)
  • 機械設備等の処分及び処分のサポート業務
  • 動産売買予約契約について
    動産売買予約契約とは、当行が担保設定を行った動産について、予め設定した売買予約価格にて提携先(株式会社ユーマシン)に売却することができる権利が付与された契約であり、担保物件の処分先を予め確保できる等のメリットがあります。

以上