千葉銀行
金融機関コード:0134

ページ内の移動用のリンクです

千葉銀行は「リテール・ベストバンク」グループとして、お客さまの満足度向上を目指し努力を続けてまいります。

リース媒介業務の開始について

平成27年3月24日

千葉銀行(頭取 佐久間 英利)は、平成27年4月1日(水)より、リース媒介業務を開始しますので、お知らせします。

今回のリース媒介業務の開始により、当行は、従来行ってきたグループ会社のちばぎんリース株式会社(取締役社長 小池 哲也)の紹介に加え、銀行融資とリース商品を一体的に提案できるようになります。

リースの活用は、お客さまにとって資金調達手段が広がるほか、設備管理事務を合理化できるなど、銀行融資と異なるメリットがあります。

当行は、中期経営計画「ベストバンク2020 ~価値創造の3年」において、「グループ経営態勢の強化」を掲げております。今後もグループ一体となり、コンサルティング機能を発揮し、お客さまの事業の成長と経営課題の解決に向けたサポートを強化してまいります。

当行が媒介するリース商品は下記のとおりです。

  1. 取扱商品
    ファイナンス・リース
  2. リース会社
    ちばぎんリース株式会社
  3. 取扱形態
    千葉銀行による媒介
  • ファイナンス・リースとは、お客さまが希望する機械設備を、ちばぎんリースが代わりに購入し、お貸しする取引です。リース期間中に、機械設備の購入代金及び諸費用(諸税、保険料など)の全額をリース料としてお客さまにお支払いいただきます。原則として中途解約はできません。
  • 当行は、お客さまにちばぎんリースのリース商品を提案する「媒介」業務を行い、ちばぎんリースが審査、リース契約の締結等を行います。

以上

リース媒介業務のスキーム