千葉銀行
金融機関コード:0134

ページ内の移動用のリンクです

千葉銀行は「リテール・ベストバンク」グループとして、お客さまの満足度向上を目指し努力を続けてまいります。

株式会社地域経済活性化支援機構との「千葉県における地域活性化に関する連携協定」の締結について

平成27年4月24日

千葉銀行(頭取 佐久間 英利)は、本日、株式会社地域経済活性化支援機構(REVIC)と「千葉県における地域活性化に関する連携協定」を締結しましたので、お知らせいたします。

千葉県は、豊かな自然や温暖な気候に恵まれ、国際空港や東京湾アクアライン、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)等の交通インフラの整備も進んでおり、今後ますます交流人口の増加や地域産業の発展が期待されております。また、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催を見据え、いま一度地域の魅力や特性を活かした新産業の掘り起しを行っていこうとする気運も高まっています。一方で、県内の一部地域では過疎化や住民の高齢化が進んでおり、地域雇用の確保や地域経済を立て直すには、新しい事業モデルの構築や成長産業への積極的な支援が喫緊の課題となっております。

本協定は、こうした千葉県の地域特性を生かした成長産業モデルを構築し、千葉県の地域経済活性化に資する事業者の取組みを支援することを目的として締結するもので、REVICとの連携・協力事項は下記のとおりとなります。

連携・協力事項

  1. (1)千葉県の地域特性を生かした成長産業モデルを創出し、地域経済の活性化を目指すこと。
  2. (2)地域活性化ファンド等の組成や活用を検討し、成長産業に対する資金供給を通じた事業化支援を行っていくこと。
  3. (3)相互に定期的な情報交換及び意見交換等を行い、連携協力体制を構築すること。

以上