千葉銀行
金融機関コード:0134

ページ内の移動用のリンクです

千葉銀行は地域の総合金融サービスグループとして、お客さまの満足度向上を目指し努力を続けてまいります。

「プレミアステップ・グローバル」商品概要

1.仕組図

2.商品概要(抜粋)

項目 内容
被保険者の契約年齢 0歳~80歳[満年齢]
最低・最高保険料 2,000千円~500,000千円以下 ・・・「一時払い」のみ扱う
運用期間 10年
死亡保障 死亡日における積立金額または最低受取保証額のいずれか大きい額
  • 運用開始日の翌日より、積立金額が基本保険金額(一時払保険料)の110%以上、5%毎の率に到達した段階で、自動的に死亡給付金額の最低保証額がステップアップする。
年金原資の保証 基本保険金額または最低受取保証額のいずれか大きい額
運用ファンド PDバランス2012型
年金種類 確定年金(3・5・10年)
費用 契約初期費用 なし
保険契約関係費 特別勘定の資産総額に対して年率2.98%
資産運用関係費 投資信託の資産総額に対して年率0.105%(税込)
解約控除 契約初年度6.0%より逓減(10年間)
クーリング・オフ 適用可能

【「プレミアステップ・グローバル」のリスクについて】

  • この保険の積立金は、特別勘定で運用・管理されます。特別勘定は、実質的に先進国・地域の通貨、国内外の債券、外国の株式で運用されるため、株価、債券価格および為替の変動などが基準価額の下落要因となります。
  • 基準価額の下落は直接、積立金額、解約返還金額などに反映されるため、積立金額、解約返還金額は一時払保険料相当額を下回ることがあり、損失が生じるおそれがあります。これらのリスクはすべてご契約者に帰属します。資産運用の成果がご契約者の期待どおりでなかった場合でも、第一フロンティア生命または生命保険募集人などの第三者がご契約者に何らかの補償・補填をすることはありません。

【お客さまにご負担いただく費用について】

この保険にかかる費用は、特別勘定による運用期間中は「保険契約関係費」「資産運用関係費」の合計額、年金受取期間中は「保険契約関係費(年金管理費)」となります。

<ご契約時>

  • ご契約時にご契約者に負担いただく費用はありません。

<特別勘定による運用期間中>
全てのご契約者に負担いただく費用

  • 保険契約関係費:特別勘定の資産総額に対して年率2.98%
  • 資産運用関係費:信託報酬は、投資信託の資産総額に対して年率0.105%(税込み)
    • 上記の信託報酬のほか、信託事務に関する諸費用、監査費用、有価証券・金融派生商品の取引にかかわる費用および消費税などを間接的に負担いただきます。なお、売買委託先、売買金額などによって手数料率が変動するなどの理由から、これらの計算方法は表示しておりません。記載の信託報酬は2012年4月現在の数値であり、運用会社により将来変更される場合があります。

<ご解約時>

  • 解約控除:基本保険金額に経過年数別の解約控除率(6.0%~0.6%)を乗じた金額

<年金受取期間中>

  • 保険契約関係費(年金管理費):受取年金額に対して1.0%
  • このニュースリリースは保険募集を目的としたものではありません。詳細につきましては「パンフレット・契約締結前交付書面(契約概要/注意喚起情報)」(「ファイブ・ステップUS」)、「商品パンフレット」・「契約締結前交付書面(契約概要/注意喚起情報)」(「プレミアステップ・グローバル」)、「契約締結前交付書面(契約概要・注意喚起情報)兼商品パンフレット」(「年金果実NEO[V3]」)を必ずお読みください。また、「ファイブ・ステップUS」をご契約の際には、「ご契約のしおり・約款」も必ずお読みください。「年金果実NEO[V3]」または「プレミアステップ・グローバル」をご契約の際には、「ご契約のしおり(定款・)約款」・「特別勘定のしおり」も必ずお読みください。
  • この保険はプルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命、第一フロンティア生命、明治安田生命を引受保険会社とする生命保険です。預金とは異なり、預金保険制度の対象とはなりません。
  • ご契約後一定期間に解約された場合の解約返戻金額は、一時払保険料を下回ります。
  • 募集代理店(金融機関)の担当者(生命保険募集人)は、お客さまと生命保険会社の保険契約締結の媒介を行う者であり、保険契約締結の代理権はありません。したがって、保険契約は、お客さまからのお申込に対して生命保険会社が承諾したときに有効に成立します。