インターネット上のフリーメールやオンラインメモ管理サービス(クラウドサービス)などにパスワード等を保存することはお控えください

2015年11月16日

パソコン内の「メモ帳」にインターネットバンキングのパスワード等を保存する事が大変危険な行為であることはご存じの方も多いと思います。

しかし・・・
インターネット上のフリーメールやオンラインメモ管理サービス(クラウドサービス)に、インターネットバンキングの契約者番号やパスワード等を保存していませんか?

「フリーメールやオンラインメモ管理サービスにアクセスするためにはパスワードが必要だから大丈夫」と油断していると、万が一、ウィルス感染等によりフリーメールやオンラインメモ管理サービスのパスワードが漏れてしまった場合にはインターネットバンキングのパスワード情報も漏れてしまいます。

フリーメールやオンラインメモ管理サービスをご利用になる場合は、インターネットバンキングのパスワード等の保存はお控えください。

こちらも合わせてご覧ください

インターネットバンキングをより安全にご利用いただくために

  1. ウィルス対策ソフトをご利用ください
    ウィルス対策ソフトでウィルスを検知・駆除したうえでインターネットバンキングをご利用ください。
    パソコンやスマートフォンのご利用にあたっては、常にウィルス対策ソフトやOS・ブラウザを最新の状態に更新していただき、定期的にウィルススキャンを実施してください。また、不審なソフトウェアはインストールしないようご注意ください。
  2. 「PhishWall プレミアム」をご利用ください
    千葉銀行では、ホームページやインターネットバンキングをご利用のお客さまに、不正にポップアップ画面を表示させてパスワードなどを盗み取ろうとする犯罪(MITB(マン・イン・ザ・ブラウザ)攻撃)に効果のある「PhishWall プレミアム」をご提供しています。
    無料でご利用いただけますので、安全対策として、ぜひインストールしてご利用ください。
  3. ログオンの都度、前回ログイン日時をご確認ください
    ログオン後のトップページには、前回のご利用日時が表示されていますのでログオンの都度ご確認ください。普段ご利用にならない時間帯にログオンしているなど、身に覚えのないお取引きがある場合には速やかにちばぎんテレフォンバンキングセンターまでご連絡ください。
  4. 振込限度額を再度ご確認ください
    ちばぎんマイアクセス(インターネットバンキング)では、1日(1回)あたりの振込限度額を設定することができます(インターネットバンキングでは引き下げ操作のみ可能です)。振込限度額は、通常ご利用される程度の金額への変更をご検討ください。
    • 操作方法
      インターネットバンキングにログオン後、サービスメニュー「各種手続き」→「セキュリティ設定」→「振込限度額の変更」画面からお手続きください。
  5. ワンタイムパスワードをご利用ください
    千葉銀行では、1回限りの使い捨てのパスワードである「ワンタイムパスワード」をご提供しております。
    ワンタイムパスワードは、インターネットバンキングでお申込みいただけます。この機会にワンタイムパスワードのご利用をご検討ください。

以上