2018
104/118

バーゼルⅢ第3の柱に基づく開示事項自己資本の充実の状況等Ⅴ.連結レバレッジ比率に関する開示事項1.連結レバレッジ比率の構成に関する事項(単位:百万円、%)国際様式(表2)の該当番号国際様式(表1)の該当番号項目2018年9月末2017年9月末オン・バランス資産の額1調整項目控除前のオン・バランス資産の額14,570,56113,909,8521a1連結貸借対照表における総資産の額14,686,95014,008,2271b2連結レバレッジ比率の範囲に含まれない子法人等の資産の額(△)——1c7連結レバレッジ比率の範囲に含まれる子会社の資産の額(連結貸借対照表における総資産の額に含まれる額を除く。)——1d3連結貸借対照表における総資産の額から控除される調整項目以外の資産の額(△)116,38998,37427Tier1資本に係る調整項目の額(△)41,76138,2163オン・バランス資産の額(イ)14,528,79913,871,635デリバティブ取引等に関する額4デリバティブ取引等に関する再構築コストの額32,38622,1375デリバティブ取引等に関するアドオンの額43,90928,287デリバティブ取引等に関連して現金で差し入れた証拠金の対価の額14,77312,9706連結貸借対照表から控除されているデリバティブ取引等に関連して現金で差し入れた証拠金の対価の額——7デリバティブ取引等に関連して現金で差し入れた変動証拠金の対価の額のうち控除する額(△)——8清算会員である銀行が補償を義務付けられていない顧客とのトレード・エクスポージャーの額(△)9クレジット・デリバティブのプロテクションを提供した場合における調整後想定元本の額——10クレジット・デリバティブのプロテクションを提供した場合における調整後想定元本の額から控除した額(△)——114デリバティブ取引等に関する額 (ロ)91,06963,395レポ取引等に関する額12レポ取引等に関する資産の額14,99914,99913レポ取引等に関する資産の額から控除した額(△)——14レポ取引等に関するカウンターパーティ・リスクのエクスポージャーの額2,06045915代理取引のエクスポージャーの額165レポ取引等に関する額(ハ)17,06015,459オフ・バランス取引に関する額17オフ・バランス取引の想定元本の額3,360,4183,378,11618オフ・バランス取引に係るエクスポージャーの額への変換調整の額(△)2,865,6692,892,396196オフ・バランス取引に関する額(二)494,749485,720連結レバレッジ比率20資本の額(ホ)915,767857,227218総エクスポージャーの額((イ)+(ロ)+(ハ)+(二))(へ)15,131,67814,436,21122連結レバレッジ比率((ホ)/(へ))6.055.93※「国際様式の該当番号」とは、バーゼル銀行監督委員会より2014年1月に公表された「レバレッジ比率の枠組みと開示要件を定める国際合意文書」における開示様式に記載された項目番号であります。2.前中間連結会計年度の連結レバレッジ比率との間に著しい差異を生じた原因(当該差異がある場合に限る。) 該当ありません。102

元のページ  ../index.html#104

このブックを見る