2018
61/118

(3)信用リスク削減手法の概要2018年9月末(単位:百万円)CR3:信用リスク削減手法項番イロハニホ非保全エクスポージャー保全されたエクスポージャー担保で保全されたエクスポージャー保証で保全されたエクスポージャークレジット・デリバティブで保全されたエクスポージャー1貸出金7,977,5942,014,481 1,704,809 309,672 —2有価証券(負債性のもの)1,464,949 57,697 —57,697 —3その他オン・バランスシートの資産(負債性のもの)1,980,008 359 359 ——4合計(1+2+3)11,422,5522,072,539 1,705,169 367,369 —5うちデフォルトしたもの97,247 37,48021,61215,868—※「その他オン・バランスシートの資産(負債性のもの)」には、預け金、コールローン、外国為替等が含まれます。(2)デフォルトした貸出金・有価証券等の残高の変動2018年度中間期(単位:百万円)CR2:デフォルトした貸出金・有価証券等(うち負債性のもの)の残高の変動項番額1前事業年度末時点においてデフォルト状態にある貸出金・有価証券等(うち負債性のもの)の残高156,169 2貸出金・有価証券等(うち負債性のもの)の当中間期中の要因別の変動額デフォルトした額15,157 3非デフォルト状態へ復帰した額6,874 4償却された額3,244 5その他の変動額△ 10,841 6当中間期末時点においてデフォルト状態にある貸出金・有価証券等(うち負債性のもの)の残高(1+2−3−4+5)150,366※「その他の変動額」の主な発生要因は、回収による残高減少及び売却による残高減少であります。(4)標準的手法が適用されるエクスポージャーの信用リスク削減手法の効果2018年9月末(単位:百万円、%)CR4:標準的手法-信用リスク・エクスポージャーと信用リスク削減手法の効果項番イロハニホヘCCF・信用リスク削減手法適用前のエクスポージャーCCF・信用リスク削減手法適用後のエクスポージャー信用リスク・アセットの額リスク・ウェイトの加重平均値(RWA density)資産クラスオン・バランスシートの額オフ・バランスシートの額オン・バランスシートの額オフ・バランスシートの額1現金3 —3 ———2日本国政府及び日本銀行向け3,155 —3,155———3外国の中央政府及び中央銀行向け——————4国際決済銀行等向け——————5我が国の地方公共団体向け——————6外国の中央政府等以外の公共部門向け——————7国際開発銀行向け——————8地方公共団体金融機構向け——————9我が国の政府関係機関向け——————10地方三公社向け——————11金融機関及び第一種金融商品取引業者向け1,326 —1,326 —265 20.0012法人等向け46,644 40,525 46,644 48847,133 100.0013中小企業等向け及び個人向け14,977 —14,977—11,23375.0014抵当権付住宅ローン——————15不動産取得等事業向け——————16三月以上延滞等(抵当権付住宅ローンを除く。)129—129—137106.2617抵当権付住宅ローンに係る三月以上延滞——————18取立未済手形——————19信用保証協会等による保証付——————20株式会社地域経済活性化支援機構等による保証付——————21出資等(重要な出資を除く。)——————22合計66,23740,525 66,23748858,76988.0759

元のページ  ../index.html#61

このブックを見る