2018
88/118

1.2018年9月末 以下に開示する事項について、「2014年金融庁告示第7号」の改正が2018年3月31日より適用されているため、2018年3月末より、改正告示及び同附則に基づき開示しております。1-1.リスク・アセットの概要(単位:百万円)OV1:リスク・アセットの概要国際様式の該当番号イロハニリスク・アセット所要自己資本2018年9月末2017年9月末2018年9月末2017年9月末1信用リスク4,935,639417,9362うち、標準的手法適用分21,8651,7493うち、内部格付手法適用分4,809,414407,838うち、重要な出資のエクスポージャー——うち、リース取引における見積残存価額のエクスポージャー——その他104,3588,3484カウンターパーティ信用リスク61,9095,0405うち、SA-CCR 適用分17,6521,4966うち、期待エクスポージャー方式適用分——うち、CVAリスク43,5983,487うち、中央清算機関関連エクスポージャー937その他565477マーケット・ベース方式に基づく株式等エクスポージャー112,3579,527複数の資産及び取引を裏付けとするエクスポージャー——信用リスク・アセットのみなし計算が適用されるエクスポージャー584,25449,54411未決済取引——12信用リスク・アセットの額の算出対象となっている証券化エクスポージャー1,42112013うち、内部格付手法における外部格付準拠方式又は内部評価方式適用分88714うち、内部格付手法における指定関数方式適用分1,33311315うち、標準的手法適用分——うち、1250%のリスク・ウェイト適用分——16マーケット・リスク68,0865,44617うち、標準的方式適用分68,0865,44618うち、内部モデル方式適用分——19オペレーショナル・リスク276,77422,14120うち、基礎的手法適用分——21うち、粗利益配分手法適用分276,77422,14122うち、先進的計測手法適用分——23特定項目のうち、調整項目に算入されない部分に係るエクスポージャー10,035851経過措置によりリスク・アセットの額に算入されるものの額——24フロア調整760,79460,86325合計6,811,273571,473※1.「国際様式の該当番号」とは、バーセル銀行監督委員会より2015年1月に公表された「開示要件(第3の柱)の改訂に係る最終規則文書」における開示様式に記載された項目番号です。※2.内部格付手法が適用される資産については、リスク・アセットの額はスケーリング・ファクター(1.06)を乗じる前の額を記載し、所要自己資本の額はスケーリング・ファクター(1.06)を乗じて得たリスク・アセットの額に8%を乗じて得た額を記載しております。バーゼルⅢ第3の柱に基づく開示事項自己資本の充実の状況等Ⅳ.定量的な開示事項(単体)86

元のページ  ../index.html#88

このブックを見る