2018
98/118

バーゼルⅢ第3の柱に基づく開示事項自己資本の充実の状況等Ⅳ.定量的な開示事項(単体)(9)内部格付手法を適用する事業法人向けエクスポージャー、ソブリン向けエクスポージャー、金融機関等向けエクスポージャー、PD/LGD方式を適用する株式等エクスポージャー、居住用不動産向けエクスポージャー、適格リボルビング型リテール向けエクスポージャー及びその他リテール向けエクスポージャーごとの長期にわたる損失額の推計値と実績値との対比(単位:百万円)2013年度中間期2014年度中間期2015年度中間期(年度)推計値(期初)実績値(期末)(年度)推計値(期初)実績値(期末)(年度)推計値(期初)実績値(期末)実績値比実績値比実績値比事業法人向けエクスポージャー(特定貸付債権を除く)93,861—53,89586,981—49,94078,563—40,680うち期初非デフォルトエクスポージャー30,101—2,72630,124—2,85528,513—2,308ソブリン向けエクスポージャー59——75——96——うち期初非デフォルトエクスポージャー59——75——96——金融機関等向けエクスポージャー122——172—267425—246うち期初非デフォルトエクスポージャー122——172—267191——PD/LGD方式を適用する株式等エクスポージャー114——156——1,011——うち期初非デフォルトエクスポージャー114——156——441——居住用不動産向けエクスポージャー14,093—9,61913,820—9,51113,037—8,710うち期初非デフォルトエクスポージャー5,783—1,8745,485—1,6095,078—1,655適格リボルビング型リテール向けエクスポージャー2,434—3772,293—3902,217—360うち期初非デフォルトエクスポージャー1,665—2301,534—2411,504—225その他リテール向けエクスポージャー6,064—6,0876,063—5,6156,478—5,609うち期初非デフォルトエクスポージャー2,291—4232,167—2772,015—276合   計116,749—69,980109,563—65,726101,831—55,607うち期初非デフォルトエクスポージャー40,138—5,25339,716—5,25037,841—4,465(単位:百万円)2016年度中間期2017年度中間期(年度)推計値(期初)実績値(期末)(年度)推計値(期初)実績値(期末)実績値比実績値比事業法人向けエクスポージャー(特定貸付債権を除く)71,474—33,22865,071—24,308うち期初非デフォルトエクスポージャー24,761—1,14923,376—1,763ソブリン向けエクスポージャー96——116——うち期初非デフォルトエクスポージャー96——116——金融機関等向けエクスポージャー373——175——うち期初非デフォルトエクスポージャー138——175——PD/LGD方式を適用する株式等エクスポージャー964——1,063——うち期初非デフォルトエクスポージャー418——532——居住用不動産向けエクスポージャー12,392—8,31811,718—7,814うち期初非デフォルトエクスポージャー4,773—1,3474,610—1,218適格リボルビング型リテール向けエクスポージャー2,419—3312,635—322うち期初非デフォルトエクスポージャー1,677—1931,906—212その他リテール向けエクスポージャー6,118—4,2815,487—3,270うち期初非デフォルトエクスポージャー1,976—2041,877—181合   計93,838—46,15986,269—35,715うち期初非デフォルトエクスポージャー33,843—2,89332,595—3,375※1.実績値は中間期末時点での損失額(観測期間6ヵ月)ですが、(年度)推計値は期初に予測した当該年度における損失額(観測期間1年)としております。※2.損失額の推計値は、「PD×LGD×EAD」により算出し、保守性を勘案しております。なお、当局設定値に基づいた数値(LGD=45%等)も推計値に含めております。※3.PD/LGD方式を適用する株式等エクスポージャーの損失額の推計値と実績値には、価格変動リスクの実現のみによる売却損や償却額は含まれておりません。96

元のページ  ../index.html#98

このブックを見る