ちばぎん ミニ・ディスクロージャー誌2018
3/20

中期経営計画 「ベストバンク2020 Final Stage - 価値共創の3年」2Chiba Bank 2018中期経営計画計数項目の進捗状況(単位:億円)目標とする指標2017/3【実 績】2018/3【実 績】2018/9【実 績】2020/3【計 画】進捗率親会社株主に帰属する当期(中間)純利益527537292─600連結ROE(株主資本ベース)6.86%6.76%7.14%─7%台連結普通株式等Tier1比率12.65%12.48%12.37%─12%台貸出金残高93,05398,16099,95857.8%105,000預金残高115,657120,170120,32249.9%125,000グループ預かり資産残高20,12620,49921,27223.5%25,000■本中期経営計画は、前中期経営計画から掲げている2020年の目標である「リテール・ベストバンク」グループをつくりあげ、中長期的に予想される環境変化に向けた基盤とするための総仕上げの3年です。■「お客さま」「株主」「従業員」「地域社会」など多様なステークホルダーとともに共通価値を創造(価値共創)することで、先進的かつ高い生産性と揺るぎない信頼を確立し、地域とともに持続的な成長を実現していきます。目指す姿主要課題お客さまとの共通価値の創造全ての職員が輝く働き方改革の実現持続的成長に向けた経営態勢の強化CS(お客さま)ES(従業員)SS(地域社会)「お客さま第一主義」を徹底し、先進的なサービスやソリューションの提供をつうじてお客さまのニーズにスピード感をもってお応えしますダイバーシティの一層の推進や働き方改革をつうじて、職員一人ひとりが能力を最大限発揮し働きがいのある魅力的な職場をつくります地域のリーディングバンクとして、グループの総力を結集し、地域の活性化をリードしていきます先進的なサービスで個人や中小企業をはじめとした地域のお客さまに、最高の満足と感動を提供する「リテール・ベストバンク」グループ を目指します。ベストバンク 2020Final Stage-価値共創の3年2017.4.1〜2020.3.31第13次中期経営計画

元のページ  ../index.html#3

このブックを見る