WITH YOUR CHALLENGE - 応援したい。挑戦するすべての人を

header kv thumbnail - 鈴木 愛理
header kv thumbnail - 村雨 辰剛

地域の発展って一人ひとりの挑戦だ

古いものを新しくしたりなかったものを生み出したり
地域が発展するには一人ひとりの挑戦が必要です
私たちの千葉だってほらいろんな挑戦者に出会えます

Close

About Airi Suzuki

Airi Suzuki


千葉県育ち / ちばぎんイメージキャラクター & イメージソング「start again」アーティスト

ハロー! プロジェクト内のユニット、「あぁ!」のメンバーとしてCDデビュー。
2005年、アイドルグループ「℃-ute(キュート)」として活動開始し、2015年からは女性ファッション雑誌『Ray』の専属モデルとしても活動。
2017年、「℃-ute」を解散し、2018年にソロヴォーカリストとしてデビュー。
歌手・女優・モデルとして幅広く活躍している。

趣味
絵を描くこと(水彩画・油絵・イラスト)
好きな食べ物
抹茶、牛乳、豆乳、もつ鍋、お母さんの手料理(特にしょうが焼き)
好きなスポーツ
観戦のみですが、ソフトボール・ゴルフ・フィギュアスケート
抱負
私の歌で誰かに勇気や元気や感動をあたえられるような歌手になること
これだけは誰にも負けないこと
歌を好きな気持ち
鈴木 愛理

Challenger's interview

ゴールに向かう、限界に挑む、世界をめざす。すばらしいチャレンジが、私たちの周りにありました。

Close Open
  • #001 Tatsumasa Murasame
  • COMING SOON
  • COMING SOON
  • COMING SOON
interview kv thumbnail - 村雨 辰剛

挑戦は、まだ知らないものに出会う冒険だ。- 庭師:村雨 辰剛 | Tatsumasa Murasame

Challenger's profile

#001 村雨 辰剛 Tatsumasa Murasame / Gardener

1988年、スウェーデン生まれの庭師。教科書で学んだ日本の歴史に興味を持ち、高校時代にホームステイを経験し、高校卒業後、日本に移住。23歳で造園の世界に飛びこみ、庭師に挑戦。26歳で日本国籍を取得し、村雨辰剛に改名。タレントとしても活動し、庭師として技を磨きながら、日本庭園の魅力を発信する。

interview profile thumbnail - 村雨 辰剛
interview thumbnail 01 - 村雨 辰剛

遠くはなれた日本という国の、「伝統」に憧れた。

小さい頃から、スウェーデンを飛び出て、できるだけ違う文化の中で暮らしていきたい気持ちがあったのですが、歴史の授業で勉強した日本には、特に興味が湧きました。高校生のときに日本でホームステイをしてさらに好きになって、高校卒業後、すぐに日本に移り住みました。日本の伝統文化やその古くからの技術を受け継いでいく徒弟制度に憧れていたので、求人雑誌で造園の仕事を見つけたとき、これだ! と思いました。電話をかけたら面接をして、すぐ働くことになったのですが、いまこの瞬間から「親方」って呼んでいいって思うと、テンションが上がったことを覚えています。徒弟制度は効率が悪いとか言われるけれど、やっぱり意味があると思っています。技は教えてもらうのではなくて、盗まないと身につかないんです。盗むためには親方を観察して、なんでだろう? と自分で考えないと盗めない。庭師になって鍛えられたのは観察力ですね。

interview thumbnail 02 - 村雨 辰剛

「冒険」だと思えば、知らないものにも飛びこめる。

よく言葉や見た目で苦労しなかったか聞かれますが、職人は腕なのでお客さんにきちんと仕事ができると証明できれば、お客さんも納得してくれるので、そこは気になりませんでした。愛知から千葉に拠点を移して、自分一人で考えて成長していかないといけない今がいちばんのチャレンジかもしれません。経験したことのないものにも遭遇しますが、誰かを見て真似することもできません。なるべく調べたりして、自分の中に必要なものを揃えたら、あとはやってみるしかない。知らないものは怖いし、失敗することもあるけれど、失敗したら学びがあるし、それを取り入れて成長するんだ、という気持ちで日々挑戦しています。それでも壁にぶつかったときは、なるべく客観的な目線で自分を見てみます。なぜこの仕事を始めたのか? と。遠くはなれた国で、その国の伝統文化に携わって、奥深い世界で、まだ分からないことだらけで、それを学べている。自分がやっていることってなかなかできない経験だと思うし、毎日違う現場でいろいろ学べて、まったく知らない世界で冒険ができているって、本当に素晴らしい。越えないといけない壁があるときは、庭師になった最初の気持ちを取り戻してモチベーションを高めるのが一番です。

interview thumbnail 03 - 村雨 辰剛

日本庭園の魅力を、世界に、日本に、伝えたい。

ある時、お客さんが松を切ろうとしていたのですが、その松の良さを伝えたら、松を切らずに残してくれて、いまも私が手入れしているんですけど、そういうことが増えていけばいいな、と思います。庭師としてはまだまだなのですが、もっと成長して、日本庭園ってすごい! と思わせるものを作るのが目標です。それから、日本庭園の魅力を伝えていきたいですね。日本庭園が好きなので、日本庭園の仕事が少ないのは悲しい。そこを変えていきたくて、庭師として感じたことをSNSで発信したら注目されるようになって。テレビに出たりすることにつながったのですが、これからもメディアを通して日本庭園の良さを伝えたり、日本庭園が減っている現状を変えていける力になれたらうれしいです。とはいえ、庭師の延長ではじめたものなので、タレント活動しているという意識もなく、タレントとしては売れても売れなくてもいいというか(笑)。根幹にあるのは、“日本庭園の素晴らしさをみんなに伝えたい”という思いです。世界はもちろん、日本の人にも。海外で生まれ育ったからこその伝え方もあるんじゃないかと思うので、海外と日本の架け橋にもなれたらいいな、と思います。外国出身の私から見て、日本のいいな、と思う部分が残ってくれればいいですね。

comment thumbnail - 鈴木 愛理

日本に飛びこんで、庭師に挑戦して、帰化した村雨さん。
冒険のようなワクワクするチャレンジ、これからも応援します!