Advanced Initiatives

What’s Chiba Bank

ちばぎんは既存の枠組みや仕組みにとらわれず、役職員一人ひとりの柔軟な発想と意欲により新たなステージへ果敢に挑んでいます。具体的には、他行との提携戦略の高度化や、デジタルバンクへの変革に向けたDX戦略の強化、ダイバーシティ&インクルージョンの推進など、先進的な取組みを多角的に進めています。

Alliance

「TSUBASAアライアンス」は、ちばぎんを含めた地銀10行が参加しており、総資産合計が90兆円を超える地銀最大の広域アライアンスに発展しています。2021年10月には「TSUBASAアライアンス株式会社」を立ち上げ、「DX関連施策の推進」や「新事業の取組み」といったさまざまな重要課題に関する企画・提言などを行うことで、連携の取組みを一段と高度化させています。また、武蔵野銀行との「千葉・武蔵野アライアンス」においては、首都圏に隣接する地銀同士が課題やノウハウを共有することで付加価値の高いサービスを提供しているほか、横浜銀行との「千葉・横浜パートナーシップ」においては、個人・法人・デジタル分野における連携により先進的なサービスや新事業の創出を進めています。常に経営を改善しながら、地域に存在し続けることが重要との認識のもと、統合という形ではなく、広範な地域での連携を引き続き目指していきます。

DX Strategy

デジタルバンクへの変革に向けたDX戦略の強化
お客さまにデジタルならではの顧客体験を提供

社会のデジタル化が大きく進展するなか、今後のお客さまのアクセスチャネルは、窓口やATMからアプリへと移行していくことが予想されます。ちばぎんでは、個人のお客さま向けアプリ、法人のお客さま向けポータルの提供により、お客さまサービスのデジタル化を進めています。またグループ会社のーつである地域商社「ちばぎん商店株式会社」においては、ECサイトやクラウドファンディングサイトの運営に加え、今後はライフイベントである住宅や車・教育といった「非金融サービス」の提供を進めていきます。一方、店舗などの対面チャネルについては、店頭端末「TSUBASA Smile」の導入などの取組みにより、業務における「ペーパーレス・印鑑レス化」を目指すなど、デジタルを活用した業務効率化を推進しています。今後もCX(カスタマー・エクスペリエンス)の向上および生産性の向上を実現するべく、さまざまな分野におけるDX戦略強化の取組みを進めていきます。

Diversity & Inclusion

全ての職員が輝けるように。
業界に先駆けてダイバーシティ&インクルージョン
推進に取組んでいます

ちばぎんは、ダイバーシティ&インクルージョン推進を持続的成長のための経営戦略として位置づけ、積極的に取り組んでいます。多様な人と人が連携しお互いの持ち味を活かすことで、環境の変化に柔軟かつスピーディに対応できる組織づくりをしています。また、職員の4割を占める女性の活躍推進、仕事と育児・介護との両立支援の充実、男性の育児参画促進、働き方改革等を通じ、全ての職員が活躍できる環境をつくっています。