Regional Revitalization

Together with the Region

ちばぎんはグループ一丸となって地方創生への取組みに積極的に参画しています。貸出金や預金における圧倒的な県内シェアや数多くの自治体とのリレーションを武器に、さまざまな分野における地域の課題を解決するソリューションを積極的に提供しています。

Regional Revitalization's Efforts

  • ※2022年12月末現在

Example of Our Efforts

  • 「空き公共施設利活用」「観光」 高滝湖グランピングリゾート事業 (市原市)
    観光地として選ばれる街を目指す市原市で、地元事業者や市原市と連携して、新たな観光滞在拠点を創り出し、観光による稼ぐ地域づくりに貢献しています。 廃校をグランピング施設にリノベーションしましたが、コロナ禍でも高い人気を誇っており、観光客数や観光消費額の増加に寄与しているほか、地域の雇用創出にもつながっています。ちばぎんは、補助金申請サポートなどファイナンス面で伴走支援し、事業化を実現しました。
  • (株)パシフィックコンサルタンツより提供

    「脱炭素」「地域防災」 むつざわスマートウェルネスタウン (睦沢町)
    睦沢町が「健康づくり」「定住促進」「地域活性化」「地域防災」の拠点とする「むつざわスマートウェルネスタウン」整備事業に計画段階から参画し、災害に強い持続的なまちづくりに取り組んでいます。ちばぎんは、PFI手法によるファイナンス支援のほか、地元天然ガスや太陽光、太陽熱で再生エネルギーを作る地域新電力会社の設立を支援し、エネルギーの地産地消による脱炭素化や防災能力の向上に貢献しています。
  • 「観光」 のこぎり山バーチャルツアーフェスタ (富津市)
    「地獄のぞき」などで有名な鋸山(のこぎり山)の認知度向上および魅力の再発見を目的として、まるで鋸山を実際に登っているかのような仮想現実(VR)体験ができる、「のこぎり山バーチャルツアーフェスタ」を自治体や観光会社などと連携のもと開催しました。先進的なデジタル技術を活用した革新的なサービスとして、千葉県の「先進的デジタル技術活用実証プロジェクト補助金」事業にも採択されました。
  • 「観光」「企業誘致」 小湊鐵道沿線活性化プロジェクト (市原市)
    市原市と連携して、クラウドファンディングを活用した小湊鐡道沿線エリアの活性化、観光客の誘客促進に取組んでいます。
    ちばぎんと地域商社のちばぎん商店は、プロジェクトを企画・運営したほか、クラウドファンディングサイト「C-VALUE」を利用した資金調達やプロモーションにより、沿線エリアのブランディングや企業誘致にも貢献しました。