SDGs Strategy

Our Efforts

ちばぎんグループでは、「持続的経営」の考えのもと、社会課題の解決に向けて、事業活動を通じたさまざまな取組みを行っています。これらの活動が、SDGsの達成への貢献につながるものと考え、「ちばぎんグループSDGs宣言」を制定しています。

Sustainable Management

ESG課題への取組み
ちばぎんグループSDGs宣言
  • 地域経済・社会

    地域経済とコミュニティの
    活性化に貢献します

  • 高齢化

    高齢者の安心・安全な生活を支えます

  • 金融サービス

    より良い生活をおくるための
    金融サービスを提供します

  • ダイバーシティ

    ダイバーシティと働き方改革を推進します

  • 環境保全

    持続可能な環境の保全に
    貢献します

Response to Climate Change

2030年度カーボンニュートラル宣言

2022年3月、ちばぎんグループはCO2排出量の削減目標について、「2030年度CO2排出量(SCOPE1+2)を実質ゼロ」とするカーボンニュートラル宣言を行いました。再生可能エネルギー由来の電力導入などにより、CO2排出量実質ゼロ化に向けた取組みを強化しています。

※カーボンニュートラル: CO2排出量をネットゼロにすること。当行ではCO2排出にかかる SCOPE1 (直接排出量) とSCOPE2 (エネルギー起源間接排出量)を対象とする。

サステナブル・ファイナンスの実行額目標設定

ちばぎんグループは、「脱炭素社会」の実現に向けた金融機関としての最大の貢献は、融資などのファイナンスであると認識しています。環境課題や社会課題の解決を資金使途とするファイナンスを「サステナブル・ファイナンス」として位置づけ、取組みを推進しています。また、お客さまのSDGs達成に向けた取組みを後押しするため、お客さまの規模やニーズにあわせたさまざまな融資商品を提供しています。こうした取組みを通じて、地域一体となったSDGsの推進をサポートしています。

※「サステナブル・ファイナンス」とは、環境課題や社会課題の解決を資金使途とするファイナンスであり、お客さまのESGやSDGsへの取組みを支援するファイナンスを含みます。

ファイナンスソリューション

お客さまの規模やニーズにあわせたさまざまな融資商品の提供を通じて、お客さまのSDGs達成に向けた取組みを支援しています。

Other Efforts

  • ちばSDGs推進ネットワークの発足
    2022年1月、地域におけるSDGs普及促進の新たな取組みとして発足した「ちばSDGs推進ネットワーク」に参加しました。本ネットワークは千葉県が制定した「ちばSDGsパートナー登録制度」の趣旨に賛同する金融機関や経済団体などが緊密に連携・協働することにより、地域が抱える経済・社会・環境の課題解決に向けた活動を支援するものです。ちばぎんは事務局として本ネットワークの運営に携わっており、地域経済の持続的な発展に貢献しています。
  • 「ちばぎんの森」森林整備活動
    松くい虫や津波の被害を受け、失われつつある海岸保安林を再生していくことを目的に、「ちばぎんの森」の森林整備活動を行っています。ちばぎん役職員やOB・OGのボランティアを中心に、クロマツなどの苗木の植樹を定期的に行うといった取組みを通じて、地域における育樹活動を積極的に推進しています。
  • TFT(TABLE FOR TWO)による
    開発途上国への支援
    TFT(TABLE FOR TWO)とは、従業員食堂等において、対象のヘルシーメニューを注文すると1食あたり20円(開発途上国の食事1食分に相当)が開発途上国に寄付される食料支援プログラムです。ちばぎんグループは2021年1月より本店ビルをはじめとした従業員食堂において同プログラムを実施し、開発途上国への支援を行っています。
  • フードバンクによる生活困窮者への支援
    2020年9月より、ちばぎんはフードバンクちば、社会福祉法人千葉県社会福祉協議会と「食品提供等に関する包括連結協定」を締結し、生活困窮者への食品提供を通じた社会貢献活動を開始しています。また、グループ会社のちばぎん証券も同様の協定を締結するなど、グループ一体となり生活困窮者への支援を行っています。

External Evaluation

こうした取組みが対外的に評価され、企業の気候変動への取組みを評価する「CDP気候変動スコア」において、邦銀として最高水準の評価を取得しています。